カンボジアへの女ひとり旅は危険?!服装などの注意点をまとめてみた!

カンボジア女ひとり旅服装

SHARE

カンボジアへの女ひとり旅は危険?!服装などの注意点をまとめてみた!

日本から近く、旅費も安く済ますことができるので、人気旅行先の一つとなっているカンボジア。女ひとり旅の旅行先として候補に考えている人もいるのではないでしょうか?

 

でも、女ひとり旅って心配ごとも少なくはないですよね?そこで今回、女一人でカンボジアに行く際に注意すべきことをこちらにまとめたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

カンボジアへの女ひとり旅は危険?!

カンボジア女ひとり旅服装

日本国は世界の中で最も安心で安全な国です。ですので、未知の外国の文化に足を踏み入れる際は、どこの国へ旅行をするのにも身を引き締めて渡航されるのではないでしょうか?

 

渡航前は、海外旅行先での盗難、事故、病気等さまざまな心配を胸に事前に準備をして万全の安全安心態勢を整えて海外へ行きます。しかし、それをすることで全ての安全が保障されるわけではなく、実際には自身の行動をわきまえて常に気を抜かないことが必要とされます。

 

では、発展途上国であるカンボジアの治安はどうなのでしょうか?タイやベトナムは割と旅行している方も多く危険性を強く感じませんが、カンボジアのイメージはまだまだ良いものではなく不安にかられてしまいます。現在、世界中でも女性一人旅が増えており多国を渡り歩いている方が多いですが、そんな女性達必見!今回は、日本人女性がひとりでカンボジアに訪れる場合の危険や注意点をご紹介致します。

 

カンボジアの治安について

カンボジア女ひとり旅服装

カンボジアの都市であるプノンペンと観光地であるシェムリアップ。この二つの都市だけでも治安は大きく違います。プノンペンはTuktukの座席側面にひったくり防止カバーネットやカーテンがしっかりとつけられていますが、シェムリアップはついていません。窃盗・盗難者が都市部から観光地であるシェムリアップに集まっているといわれていますが、実際にはやはりプノンペンの方が人口も多く、被害も比例して多いです。以前に比べれば全体のひったくり被害は減っていますが、常に注意してください。取られる方は何度も被害に合っています。

 

感染症・病気や衛星面について日本人は特に気になってしまいますが、現在、街の整備とごみ処理について少しずつ動き出しており、毎日清掃する習慣が根付き始めているように思います。水もどんどん綺麗になっており、食事の際の衛生面にも気を使うようになっています。ただ、街から離れると現状は変わらずあちこちにごみが散らかっていますし、水も汚いので田舎の方へ行かれる場合は、ウエットティッシュやタオル、水がとても役にたちます。

 

では、そんな中、日本人女性がひとりでカンボジア旅行をする場合について、気をつけなければならないことはなんでしょうか?

 

現在、学校・教育の支援が多くなっており、海外言語の勉強をしているカンボジア人がとても多いです。カンボジア語(クメール語)と英語だけではいい仕事に就けない現状があり、多国語が使用できる人たちが優先されて職についています。それと同時に、日本人女性は国籍だけでとてもモテます。おとなしく優しい日本人女性、言語も学べ、結婚をすれば日本での仕事もできる、良いことづくしの日本人女性はカンボジア人にとってとても興味深い存在となっています。

 

カンボジア男性は、自身の家族・両親へのサポート心がとても強く、良い仕事で良い収入を得られることを強く望んでいますので、タイや香港、韓国などの国外に出稼ぎをしている人が多くいます。日本への出稼ぎはとても人気ですがコストが高くVISA取得が容易ではないため、なかなかできません。そこで、日本人女性がターゲットとなるのですが、それを含め、カンボジアにひとりで旅行される日本人女性に気を付けて頂きたいこと5つご紹介致します!

関連記事のIDを正しく入力してください

スポンサーリンク

カンボジアへ女一人旅する際に注意しておくべき5つのこと

カンボジア女ひとり旅服装

 

何気ない会話は何気なく終わらせる

カンボジアでは人と会った時は必ず声をかけることが礼儀となっているので、一日になんども同じことを聞かれます。「ご飯済んだ?どこ行ってきたの?いまからどこ行くの?ひま?」と、男女問わず必ず聞きます。日本ではナンパと同じセリフですが、カンボジアでは知らない相手でもすべて答えるのが礼儀です。

 

特に日本人をとても好みますので、必ずと言っていいほど「かわいいね」「彼女になって」というセリフも何度も口にしますが、打ち解けるための決まり文句のような感じです。どなたと恋愛をされるのも問題ありませんが、カンボジア人は男性女性含め、彼女彼氏がいることを長年の友達でも隠すことが多いです。そして、お金・恋愛関係のトラブルはとても多いので注意して交際してください。

 

だらしない服装が以外とお得?肌を出さないように

カンボジア人は服装を見て人を判断することが多いです。例えば、綺麗めな洋服やばっちりお化粧をしていると「この人はお金持ちだ」と判断されて値段がぐーんとあがったり、仲良しになってお仕事の話を持ち掛けたりいろんな方法でお金を取ろうとする人もいますので注意してください。身なりを変えるだけで驚くほど対応が違うので面白いほどです。

 

また、女性は肌をあまり出さないことが礼儀にも繋がっており、知り合いやお友達の家に遊びに行く際は気を付けたほうが好印象を持たれます。現在は、中心部が発展してきており、たくさんのナイトガール達がセクシーな服装でいますが、街中で遊ぶ際と田舎やお寺に行く際は日本にいる時よりもわきまえたほうが無難です。

 

日本人は日本人に注意するべし

カンボジア人と日本人の問題もよく聞きますが、以外と日本人同士で騙される被害の方が身近に感じます。日本人は英語がうまく話せないので日本人同士で集まることが多く、その中で被害に合ってしまうということがよくあるそうです。

 

被害の大小はピンキリで、財布や携帯を同じ部屋の人に取られてしまうものから、仕事のお話で契約し多額なお金を騙し取られてしまったりと、あることないこと訳の分からないまま事が起こります。旅先であった旅行者や在住者と情報交換をし、幅を広げていくのは旅の醍醐味ですが、よく注意して関わるべきところでもあります。

 

外国人のアプローチ

カンボジアに在住している外国人にも、注意は怠ってはいけません。世界から見る日本人女性は品があり、一歩引いた姿勢が魅力的にとらえられています。その一方、手に入れるのが簡単であるとも思われている部分もあります。

 

日本人男性にはない、ことばとアクションでのまっすぐなアプローチが日本人女性の心をくすぐり、途端に好意を抱いてしまいます。それがお互い本心であれば問題なくゴールインですが、一旦好意をもってしまうとそこを見極めるのが非常に難しくなってしまいます。

 

楽しいお誘い

お祭り、結婚式のパーティ、友達同士の飲み会等イベントが大好きなカンボジア人は、みんなで楽しむことに喜びを感じるので一旦仲良くなるとなんでも誘ってくれます。

 

最近はあまり耳にしませんが、以前はtuktukドライバーによる日本人女性の誘いが多く、ひどい被害にあった人たちの話をよく聞きました。現在は減ってきているみたいですがゼロになっているわけではなく、手口が増えている可能性がありますので、注意が必要です。

 

まとめ

カンボジア王国だけではなく、どの国に旅行するのにも注意することは同じですが、カンボジアはアジア圏であることと、カンボジア人の親しみやすさが日本人の気を緩ませてしまいます。騙そうとする人は人種関係なくとても親切にしてくれます。そして、外国の男性たちはストレートに来ますので日本人女性がひとりで旅行をする場合は注意が必要です。特に「自分は大丈夫」と思っている方は知らないうちに、後になって気づくことがほとんどですので、注意してくださいね。基本的にカンボジア人はとてもいい人たちです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です