ドイツのチップの相場は?チップの払い方マニュアル!

ドイツチップ相場払い方

ドイツを旅行する際に、どうしても避けて通れないのが「チップ」です。日本でのサービスの場合、全て提示された金額を支払えば済むことなのでいくら渡せばいいのか?どのケースで払えばいいのか?悩んでしまう方も多いと思います。

 

そこで、今回はドイツ旅行の際にスムーズに支払うためのチップの払い方をお教えしましょう。

スポンサーリンク

そもそもチップってなんで払うの?

ドイツチップ相場払い方

基本的にチップをナゼ、払うのでしょうか?答えは簡単です。サービスを提供してくれる従業員の給料が非常に安く、自分がサービスした分のサービス料をお客に負担してもらっています。したがってチップでもらった分は、店側に支払われるのではなく、本人のれっきっとした取り分になるわけです。

 

サービスが良かったら当然、弾んであげれば喜ばれるでしょうし、サービスが悪いと感じたら、払う必要はありません。あなたの毅然とした態度で、サービスが悪かったので金額以上のものは払いません!という意思表示になります。

 

もちろん、チップは従業員に対するものですので、店のオーナーには必要ありません。

 

チップはいくら払えばいい?ドイツのチップの相場は?

ドイツチップ相場払い方

ドイツではチップのことを「Trinkgeld」(トリンクゲルト)と言います。あえて訳すと「飲み物のお金」イコール「これで一杯やってね!」という意味です。

 

チップの決まった金額はありませんが、おおむね、5%から10%が相場とお考え下さい。提示された金額の端数のいいところで、切り上げるのがスマートではないでしょうか。

 

例えば、カフェを使用した場合、まずは「Zahlen, Bitte!」(ツァーレンビッテ!)と言います。「会計をお願いします。」の意味になります。英語なら「Check、Please」でも構わないでしょう。ドイツではドイツ語で英語でもほぼ問題なく対応してくれます。

 

ここで、ウェイターの方が4ユーロ50セントのレシートを出したとします。その時は、切りのいい5ユーロを払えば十分でしょう。これが4ユーロ30セントなら、4ユーロ50セント、または5ユーロという感じでしょうか。

 

その際には、「Stimmt so!」と言えば、「これで勘定は合っています」平たく言うと、「お釣りはいらないよ」という表現なのでぜひ、覚えておいてください。また、クレジットカードの場合は、カードが切られる前に、チップ込みの料金を言うか、チップだけを担当者に支払いましょう。

スポンサーリンク

ドイツでのチップの払い方をシーン別に解説

 

カフェ・レストラン

ドイツチップ相場払い方

ドイツへ行って、レストランを利用すればすぐ気づくと思いますが、ドイツにはいわゆるレジがありません!ウェイター・ウェイトレスさん自体が、巨大な財布を持っており、テーブルについたまま、会計をするシステムになっています。もちろん、マクドナルド、ドネルケバブ、インビスのようなカウンターで注文して、商品を受け取るシステムのお店においては、チップは必要ありません。あくまでもウェイター・ウェイトレスがいるお店でのケースになります。

 

どんな時に支払うのかと言えば、基本、よほどの嫌なことがない限り、支払うものとお考え下さい。笑顔で接客してくれたり、言わずとも日本語メニューを持ってきてくれたり、そんな時は気前よく支払ってください。帰り際に「チュース!」(さよなら、またね!)と言えば、気持ちよく店を後に
出来ます。

 

では、逆にどんな場面に遭遇したら払わなくてもいいのか?これは個人差もあるので、何とも言えませんが、あくまで参考としてお聞きください。

 

例えば、席に着いたのに、いつまで経っても注文を取りに来ない。あるいは注文をしたのにいつまでも注文の品が運ばれてこない。イラっとする場面です。個人的には店の込み具合も見ながら判断しています。忙しすぎて手が回らない場合というのはどうしても出てきます。なので、一つの目安として
後から来た客に先に接客される、間違った料理が提供されるなど、明らかに対応に不備を感じるのであれば、チップを払う必要はないでしょう。

 

後は、注文した品が雑に置かれた時もイラっとポイントです。常識的な範囲を超えたら、チップは払う必要がないでしょう。ちなみに、お水くださいという場合、お水は有料になるのでそこはサービスとは別物になりますのでご注意ください。あと、おしぼりなんてサービスもドイツにはないので、出てこなくてもイラっとしないでください。日本のサービスが特別なのですから。

 

タクシー

ドイツチップ相場払い方

チップを払う場面で多いのは、次に多いのはタクシーではないでしょうか。タクシーもレストラン同様、5%から10%と思っていいでしょう。旅行者であれば、必ず大きなバッグを抱えていると思います。それをトランクに積んでくれるのは運転手の基本的なサービスです。もし、これを怠るような運転手は注意が必要です。

 

チップとは若干、話はズレますが、ドイツのタクシーの運転手は私服姿が多いです。日本のような制服を着て、白い手袋をしている運転手は皆無です。私服だからと言って、怪しい運転手ではないのであしからず。
稀にですが、メーターを倒そうとしない運転手が一部ではいます。そんな時は、早めに注意が必要です。運転手のサービスなのか?それともぼったくりなのか、注意が必要です。そんな時は毅然とした態度で怒りを見せてください。当然、そんな運転手にはチップの必要はありません。

 

トイレ

ドイツチップ相場払い方

ドイツでは、キレイなトイレにはほぼ間違いなく掃除担当のおばさんがいるものです。料金をそもそも入れないと入れないトイレは問題ありませんが、そうでない場合、掃除のおばさんが入口で座っている場合もあります。

 

その際は、30セントから50セントを置いていくのがいいでしょう。値段が記されている場合もあります。百貨店のトイレなど、このようなケースをよく見かけます。となると、当然、高額の紙幣を渡すわけにはいかないので、常日頃、小銭を用意すると便利です。10ユーロ、50ユーロ札を出されても相手も困るだけです。

 

宅配・引っ越し業者

ドイツチップ相場払い方

基本、チップはいりませんが、引っ越し業者などは、日本人としてはつい払ってもいいかなとなりがちです。払わなくてもそれほど嫌な顔はされませんが、お気持ち程度はという感じでしょうか。

 

ホテル

ドイツチップ相場払い方

ホテルについては、意外と思われるかもしれませんがチップは不要です。いわゆる枕銭として、1ユーロ程度、枕のそばに置いたことが何度かありますが、ベッドメイキングされた後でも、お金がそのまま残っているケースが何度もありました。ホテル代にサービス料金が含まれているため必要ないということです。

 

美容室

ドイツチップ相場払い方

旅行者ではあまり利用する機会はないかもしれませんが、美容師さんにもチップは払いましょう。そもそも日本に比べると、格安の料金でカットをしてくれます。蛇足ですが、日本人の髪質はドイツ人にとってはとても硬くて切りにくいようです。てこずらせてごめんね!って意味でもチップを弾んであげてもいいかもしれませんね。

 

まとめ

ドイツチップ相場払い方

ドイツのチップ事情、いかがですか?

 

チップを仮に払わないと、何かあるわけではありません。中には、顔に嫌悪感を出す人がいるかもしれません。出さなくて済むなら払わなくてもいいじゃない!などとは思わないでください。そこは郷に入れば郷に従えです。

 

日本でも居酒屋でテーブルチャージやお通し代なんて取られることもあります。外国人にしてみれば、「お通し代?なんでそんなもの払うの?」と思っているかもしれません。同様に日本人からすると、なんでチップ払うの?一律の金額にしてよーと思うかもしれませんが、そのような文化と思って、気持ちよくチップを払いましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です