ドイツ一人旅には魅力がたくさん! 一人でも楽しめるおすすめ観光スポット6選!

ドイツ一人旅魅力観光スポットおすすめ

SHARE

ドイツ一人旅には魅力がたくさん! 一人でも楽しめるおすすめ観光スポット6選!

海外への一人旅、まさに「自由」って感じがして、憧れちゃいますよね〜!今回は、ドイツ一人旅特集ということで、一人でドイツに行く際におすすめしたい観光スポットを紹介していきます。これからドイツに一人旅に出ようと思っている方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ドイツの一人旅にはこんな魅力が!

ドイツ一人旅魅力観光スポットおすすめ

今や日本でもすっかり馴染みとなってきたのが、ドイツのオクトーバーフェスト。ビール祭りです。どうせなら、本場のドイツで味わいたい!なんて方も多いはず。でもドイツの魅力といえば、ソーセージ、ビールだけではありません。今回は特に、一人旅でも楽しめる観光スポットや楽しみ方を紹介します。

 

親日家なので気さくに接してくれる

明治期、日本はドイツをお手本として憲法を作りました。また、第2次世界大戦では、日本とドイツは同盟国であった歴史背景を持ちます。そのためか、ドイツ人は日本人に対して非常に好意的な一面があります。あなたがもし、日本人と分かれば気さくに接してくれます。治安も非常にいいので、安心して一人旅が楽しめることでしょう。

 

マルクト巡りでドイツの味を満喫

ドイツへの一人旅をするならぜひ、味わっていただきたいのがマルクト巡りです。マルクトとは、路地で開かれる市場です。(開催日は町によって変わるのでご注意を。)花屋、八百屋、総菜屋、パン屋、あるいは焼きたてソーセージにパンを売る店など、地元の人と触れ合いながら楽しめます。地域によっては、チーズの量り売り屋なども、日本では決して目にかかれない豊富な種類のチーズを味わってみてはいかがでしょう。

 

中世の歴史を堪能できる

日本の都市・町は、駅を中心に人の行き来が盛んですが、ドイツは違います。ドイツの町の中心は大聖堂です。そこを中心に様々な店が広がっているので大聖堂を目指して歩くと、自然と繁華街の様子が楽しめます。

 

建物には中世から残るものが多く、壁画を楽しむのも一興。また、とても掃除好きな国民性です。よその家の窓が汚れていると、「けしからん!」怒る人もいるとか!それだけに見た目にこだわるのがドイツ人。窓の外には花を飾ります。見るだけで、メルヘンチックな気分を堪能できること間違いありません。

スポンサーリンク

ドイツ一人旅でおすすめの観光スポット6選

 

貴族気分が味わえるフリードリヒス浴場 バーデンバーデン

ドイツ一人旅魅力観光スポットおすすめ

出典:Wikipedia

バーデンは、ドイツ語で「温泉」の意味。バーデンバーデンは、まさしく温泉リゾート地として知られる町です。2000年前に温泉が発見され、18世紀から19世紀には王族、貴族たちこぞって訪れたことで栄えました。特におすすめなのが「フリードリヒス浴場」です。ルネッサンス様式の豪華な浴場になっています。日本のスパなら、大浴場にジェット風呂があって、サウナがあって洗い場もありと大きなフロアに各ゾーンが分かれています。好きな順に、好きな場所へ行きますよね。

 

ところが、ここは違います!浴場がコースになっています。受付でチケットを購入し、マッサージの有り無しを選びます。

その後、

  1. 巨大シャワー
  2. サウナ54℃ゾーン
  3. サウナ68℃ゾーン
  4. 巨大シャワー
  5. マッサージ(ありを選んだ人)
  6. スチームバス、
  7. 大浴場(混浴)

と順番に巡っていくのです。

 

ちなみに、ドイツでは通常、温泉施設では水着を着用しますが、ここでは不要です。また、男女別々の入り口になっていますが、最後は男女混浴になりますのでご注意ください。

 

温泉のあとは、ドーム型の仮眠室があり、係員があなたを巨大なバスタオルで包み込み、寝かせてくれます。極上の眠りにいざなってくれるでしょう。まるで貴族になったかのような手厚いサービスと施設は、記憶に残る時間となるはずです。

 

天空に浮かぶ ホーエンツォレルン城 テュービンゲン

ドイツ一人旅魅力観光スポットおすすめ

出典:http://www.south-germany.jp/

ドイツの三大名城といえば、シンデレラ城のモデルで知られるノイシュバインシュタイン城、古都ハイデルベルクにあるハイデルベルク城、そして今回、ご紹介するホーエンツォレルン城です。最近、テレビ番組で「天空に浮かぶ城」として取り上げられ、少しずつ知名度は上がっていますが、まだまだ日本人は少ない場所です。

 

プロイセン帝国皇帝となったホーエンツォレルン家の故郷の城。現在も、ドイツ最後の皇帝、ヴィルヘルム2世の直系の子孫が所有し、大広間、辺境伯の間、家系樹の間、王女の青の部屋など、城内はガイドツアーで見学できます。宝物館のフリードリッヒ大王の遺品や142個のダイヤモンドをちりばめた皇帝の冠などは必見です。歴史好きの方は誰気兼ねなく、その佇まいを満喫してください。

 

天国に一番近い!? ケルンの大聖堂

ドイツ一人旅魅力観光スポットおすすめ

出典:http://www.hankyu-travel.com/

香水のオーデコロンの発祥地でもあるケルン。コロンとは「Cologne」というフランス語読みで、オーデコロンは「ケルンの水」という意味なんです。今回、ご紹介したいのはゴシック様式の建築では世界最大のケルンの大聖堂です。1248年に建設が始まり、完成したのが1880年です。1996年にはユネスコの世界文化遺産にも登録されました。

 

150mの高さを誇る聖堂の圧倒的な存在感は、人間の神への思い、聖堂を作った人達への感動を抱がずにはいられません。さらに一歩中に入れば、厳かで静寂な空間が広がります。バイエルン窓と言われるステンドガラスも見事です。一人旅だからこそ、大聖堂の作り出す特別な空間に存分に酔いしれてください。

 

貴族が作った花だらけの島 マイナウ島

ドイツ一人旅魅力観光スポットおすすめ

出典:south-germany.jp

ドイツ、スイス、オーストリアの国境にある「ボーデン湖」。ボーデン湖周辺の町、コンスタンツはドイツの軽井沢ともいえる高級リゾート地です。

 

ご紹介するマイナウ島は、島と言ってもコンスタンツからバスで行けます。昔から花の島だったわけではなく、レンナルト・ベルナドッテ伯爵が荒れた地にたくさんの花と樹木を植え、島全体とひとつの造園としました。

 

その結果、現在では年間約100万人の人々が訪れる一大観光地となっています。パーム ハウスでは熱帯植物が見られます。美しいガラス張りの温室で、20 種以上のヤシの木を栽培。壮麗なランのコレクションも見ものです。

 

蝶の家という意味を持つシュメッテルリンクハウスでは、1,000 に及ぶ蝶が自由に舞っています。

 

島全体を花の島にするという発想に驚くばかりですが、美しい花と宮殿は物語の世界にいるかのような気分にさせてくれます。見ごろは春先から秋口になるのでご注意ください。

 

童心に帰ろう!メルセデスベンツ博物館! シュトットガルト

ドイツ一人旅魅力観光スポットおすすめ

出典:Wikitravel

ドイツといえば、忘れていけないのが自動車大国!中でも、メルセデスベンツと言えば、日本人にとっては高級車のイメージです。そんなベンツもドイツに来れば、タクシーとしてよく見かける車です。それどころか、バスや作業車もベンツです。ベンツに興味はないという方も是非、足を運んで欲しいのがメルセデスベンツ博物館。

 

工夫された展示物は、圧巻の一言です。魅力的なデザインの自動車の数々は、モーターファンならずとも必見です。

 

一番はココ ミュンヘンのオクトーバーフェスト

ドイツ一人旅魅力観光スポットおすすめ

オクトーバーフェストは、「10月祭」ということになりますが最近では暖かい9月末から10月初頭まで開催しています。ドイツの様々な町で開催されていますが、一度味わうなら最大規模を誇るミュンヘンのオクトーバーフェストです。

 

世界から700万人が訪れる一大イベントです。パレードも催され、バイエルン衣装に身を包んだ人々があなたをもてなしくれるでしょう。

 

ビールを楽しむ場所は、巨大なテントになります。ここでビールを味わうのはもちろんですが、おすすめなのが「ヴァイスブルスト」白ソーセージ。挽いた仔牛肉、新鮮な豚肉のベーコンから作られる、鮮度が命のソーセージです。皮がついているので、それをナイフで取って、甘いマスタードをつけて食べるのが「ヴァイスブルスト」の食べ方。ソーセージとは思えないふわふわな食感は、絶品です。

 

大勢の酔っ払いが集う場所ですので、一人旅のあなたも気軽に声をかけてふれあいも自然とできるはずです。

 

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか?今回、ご紹介したのはほんの一部になります。ドイツでは町の至る所に、トラム(路面電車)も走っています。一日券を買って、気ままに旅をする、そんな旅の仕方も一人旅の醍醐味ではないでしょうか?旅のルールはあなたです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です