美容好きにはこれ!ベトナムお土産に選びたいおすすめコスメ&化粧品4選!

SHARE

美容好きにはこれ!ベトナムお土産に選びたいおすすめコスメ&化粧品4選!

韓国や台湾に続いて、女子旅の旅先として注目を集めているベトナム。

可愛い雑貨や服飾品が安く買えるのが、女子に人気の理由の一つです。

女子といえば、日常に欠かせないのが、コスメや化粧品ですよね!

ベトナムの化粧品事情はどうなっているのでしょうか?

現地で買うことができるコスメや化粧品、さらに、お土産におすすめのブランドも紹介します♪

スポンサーリンク

ベトナムの化粧品事情を詳しく知りたい!

近年のベトナムは、おしゃれな雑貨や服飾品、おしゃれで落ち着く店内のカフェなどが増えてきていて、日本の女性だけでなく、世界中のおしゃれさんたちにも注目されています。

女子旅の旅先として選ばれるだけでなく、ベトナムに移住したいと考える人たちもいるほどなんです!

 

そんな、かわいいが詰まったベトナムですが、唯一不思議なのが“お化粧をしているベトナム人女性があまりいない”ということです。

現地の女性がお化粧をしていないので、「ベトナムは化粧品が手に入りにくいのかな?」と思われがちですが、そんなことはないんですよ♪

 

ベトナムには、いろいろな国の化粧品メーカーが進出しています。

もちろん日本の化粧品メーカーもその一つです。

日本とほとんど変わらない化粧品を、ベトナムでも購入することができるんです!

お肌が弱くて、海外の化粧品に不安があるという方でも安心ですよね♪

さらに、日本ではあまり見かけない、ベトナム発信のコスメなどもあるんです。

 

ベトナムでは化粧品やコスメはどこで買えるの?

では、どこに行けば化粧品やコスメを買えるのでしょうか?

実は、デパートやスーパー、市場などどこでも買うことができるんです!

ただし、取り扱っている商品や種類は異なるので、すべてのブランドがどこでも買えるというわけではないようです。

 

デパート

※写真はイメージです。

ベトナムの街の中心部には、外資系のデパートが並んでいます。

そこには、日本と同じような海外ブランドの化粧品やコスメがそろっているんです!

雑貨や服飾品、食料品などの価格は、日本よりかなり安かったのに対し、化粧品は輸入規制などに関係しているからなのか、日本と同じくらいか、ものによっては日本より高い場合もあります。

 

デパートでは、日本と同じように、1階のフロア全体が化粧品売り場になっていて、日本からは、『SHISEIDO』『Kanebo』『shu uemura』などの大手化粧品メーカーが参入しています。

ほかの国からも多くの化粧品メーカーが参入していて、たくさんのブランドから選ぶことができるところは、日本となんら変わらないのです。

 

価格の例ですが、たとえば『SHISEIDO』の〈ブライトニング バランシングソフナーW〉が、日本では5,000円のところ、ベトナムでは1010000ドンで、日本円にしておよそ5,050円となっています。

高いといっても、若干の差ですね!

 

スーパーマーケット

※写真はイメージです。

こちらも日本と同じで、大きめのスーパーマーケットでは、化粧品売り場を設けています。

ただし、そこまで大きな売り場ではないので、取り扱っている商品も限られていて、『L’OREAL』『MAY BELLIN NEW YORK』などの量産型コスメが多いです。

スーパーマーケットでは、海外ブランドよりも、ベトナム現地のコスメが多く売られているようです。

 

それぞれのブランドの店舗

ベトナムの街を歩いていると、日本のように多くのブランドの店舗はありませんが、いくつか独立した店舗も見られます。

独立した店舗は、『MISSHA』『ETUD HOUSE』などの、韓国の化粧品メーカーが多いようです。

 

市場

※写真はイメージです。

ベトナムの市場は、観光スポットにもなっていて、ベトナム旅行には欠かせない場所です。

そんな市場でも、化粧品やコスメを買うことができます!

市場では、多くのお店が化粧品を扱っていますが、一つ一つの店舗の規模が小さいので、商品が積み重ねられた形で陳列されていて、少々見づらいと感じるかもしれません。

しかし、毎日多くの観光客が訪れる市場ですので、日本語が話せる店員さんもいて、デパートやスーパーより気軽に買うことができそうです。

 

ただし、市場では海外ブランドに似せた“偽物”が多く売られているので、“本物”を買いたい方はデパートやスーパーでの購入をおすすめします。

ベトナム旅行の思い出に“偽物”を買うのもおすすめです◎

お土産などにはピッタリではないでしょうか?

スポンサーリンク

ベトナム土産におすすめの化粧品&コスメ

 

デュランス

日本でもよく見かける「デュランス」。

ホーチミンのドンコイ通りにお店があります。

「デュランス」は、フランスのトップブランドとして、日本にも愛好家が多くいる人気ブランドですが、その「デュランス」のコスメを、日本よりリーズナブルな価格で買えると話題になっています。

デュランス目的でベトナムを訪れる方もいるほどだそうですよ!

 

  • 住所:Vincom Senter A B2-37 171 Dong Khoi Street.,Dist 1,HCM
  • 電話番号:08 3936 9198
  • 営業時間:9:00-22:00

 

タンサンクチュアリィ

タイ・バンコクにあるエステ店『THANN』のベトナム店です。

アロマオイルが有名で、日本人に一番ピッタリなのは、シソの葉エキスを使ったオイルです。

多くの商品の中で、唯一日本人のニーズに合わせて開発されたものなんです!

もちろん、ほかの商品もおすすめですよ♪

自分の好みや、お土産を渡す相手の好みに合わせて選んでみてくださいね♪

 

  • 住所:Vincom Senter A B2-38-29 171 Dong Khoi Street.,Dist 1,HCM
  • 電話番号:08 3936 9290
  • 営業時間:9:00-22:00

 

エチュードハウス

日本の美容家として誰もが知っているIKKOさんが絶賛したことで、日本でも話題になった「エチュードハウス」のBBクリームがベトナムでも買えるんです♪

「エチュードハウス」は、韓国のコスメブランドでBBクリーム以外にも、マスカラやmoisutfulシリーズも大人気です!

アイシャドウやリップ、マニキュアも豊富な種類がリーズナブルな価格でそろっているので、お土産にもピッタリです◎

 

  • 住所:ZEN PLAZA 54-56 Nguyen Trai,St,Dist1,HCM City
  • 電話番号:08-3925-0339(ゼンプラザ代表)
  • 営業時間:9:30-22:00

 

ザ・フェイスショップ

日本でも人気の韓国ブランドです。

「ザ・フェイスショップ」は、ベトナムに『ゼンプラザ店』『ビンコムセンター店』『ダイヤモンドプラザ店』があります。

メイクアップ商品から、アンチエイジング商品まで、美容に関するものなら何でもそろっちゃう「ザ・フェイスショップ」。

たくさんの種類の中から、相手に合った商品を選ぶことができるので、お土産にピッタリですよ♪

 

ザ・フェイスショップ ゼンプラザ店

  • 住所:ZEN PLAZA 54-56 Nguyen Trai,St,Dist1,HCM City
  • 電話番号:08-3925-0339(ゼンプラザ代表)
  • 営業時間:9:30-22:00

 

ザ・フェイスショップ ビンコムセンター店

  • 住所:72 Le Thanh Ton,Dist1,HCM City
  • 営業時間:9:00-22:00

 

ザ・フェイスショップ ダイヤモンドプラザ店

  • 住所:34 Le Duan,Dist1,HCM City
  • 電話番号:08-3822-5500
  • 営業時間:10:00-21:00

 

まとめ

ベトナムの化粧品事情について調べてまとめました。

いかがでしたか?

 

ベトナムの女性は、お化粧をしていない方が多いですが、みなさんつるつるお肌なだけでなく、つやつやな髪の毛、さらにはスタイルも抜群な方が多いんです!

お化粧をしていないと、「美容に興味がないのかな?」と思ってしまいがちですが、実は日本人女性以上に美容に敏感なのかもしれません。

 

日本でも人気の海外ブランドが、ベトナムにもあったんですね!

日本よりも価格が高くなっているブランドも少なくないですが、とくに韓国の化粧品ブランドに関しては、かなりリーズナブルな価格で販売されているので、自分用はもちろん、お土産にもたくさん買って帰りたいですね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です