本場のコーヒーの味を!ベトナムお土産におすすめのコーヒー3選!

ベトナムコーヒーお土産

東南アジアに位置し、近年女子旅の旅先としても人気急上昇中のベトナム。ベトナムといえば、コーヒーが有名なのはご存じですか?ベトナムのコーヒー豆の生産量は、ブラジルに次いで、世界2位なんです!ベトナム旅行のお土産としておすすめのコーヒーはもちろん、「ベトナムコーヒーとはどのようなものなのか?」「ベトナムコーヒーのおいしい飲み方」まで、ベトナムコーヒーについて調べてまとめます。これからベトナム旅行に行くかただけでなく、コーヒー好きの方も必見です!

スポンサーリンク

ベトナムコーヒーってどんなものなの?

ベトナムコーヒーお土産

そもそも、ベトナムにコーヒーがやってきたのは19世紀のことです。植民地化とともにはじまったコーヒー栽培。当初から栽培されているのは“ロブスタ種”というコーヒー豆ですが、現在では“アラビカ種”というコーヒー豆の栽培も増えてきています。

 

フレンチローストといわれる、深煎りの焙煎方法が主流で、コーヒーミルで粗めに挽いたコーヒー豆に、バターやチョコレートなどのフレーバーをつけることもあります。そのため、「ブラックコーヒーなのに甘い!」といった、不思議な感覚も感じられます。

 

しかし、フレーバーをつけていないもので抽出したコーヒーは、そのままではとても苦いんです。なので、ベトナムでは“カフェ・スア”と呼ばれる、ミルクコーヒーにするのが定番です。ミルクコーヒーというと、日本では牛乳やコーヒーフレッシュを入れるのを想像すると思いますが、ベトナムコーヒーは違うんです!

 

ベトナムコーヒーの特徴は、牛乳ではなくコンデンスミルク(練乳)を入れることなんです!また、ベトナムコーヒーをアイスで飲む際は、ホットと同様に入れたコーヒーを、砕いた氷を入れたグラスに注ぐという方法を用いています。そのため、アイスミルクコーヒーの“カフェ・スア・ダー”という言葉は、直訳すると「アイスコーヒーをロックで」という意味になるそうです。
なんだかおもしろい表現ですよね!

 

日本のコーヒー文化とは一味も二味も違ったコーヒー文化を持つベトナム。コーヒー生産量世界2位を誇るだけありますね!

 

ベトナムのお土産におすすめのコーヒー

ベトナムでコーヒーは定番中の定番の飲み物ですから、いたるところのスーパーで、たくさんの種類を見かけることができます。その中でも、人気のあるおすすめのベトナムコーヒーを紹介します♪

 

ハイランズ・コーヒー(Highlands Coffee)

ベトナムコーヒーお土産

出典:ベトナム生活・観光情報ナビ

ベトナム旅行にいけば、必ずと言っていいほど目にするであろうカフェチェーンでもある、『ハイランズ・コーヒー』。こちらは、ロブスタ種が70%、アラビカ種が30%の割合でブレンドされているもので、ベトナムの人々にも人気の商品です。

 

200gで、日本円にしておよそ365円と、お値段もお手頃♪たくさん買っても大きな出費にならないので、お土産にもピッタリです◎上品すぎない味わいで、万人受けしそうな飲みやすいコーヒーですので、年齢や性別問わず贈ることができるのではないでしょうか?

 

バターローストの香りが、ベトナムならではの雰囲気にぴったりで、日本に居ながらにして、ベトナムの空気を感じられそうです♪

 

チュングエン・コーヒー(Trung Nguyen Coffee)

ベトナムコーヒーお土産

出典:https://www.tripadvisor.jp/

チュングエン・コーヒーは、ハイランズ・コーヒー以上にベトナム色あふれたブランドになっています。チュングエン・コーヒーシリーズは、そのほとんどがロブスタ種メインなのですが、その中で『Sang Tao5』は唯一アラビカ種100%なんです。アラビカ種100%というと、ベトナムでは“高級品”として扱われますが、それでも340gで、日本円でおよそ596円!全然高くないですよね!

 

アラビカ種は品のある香りが特徴的で、ほかのベトナムコーヒーにはない“高級品”ならではの味わいです。ハイランズ・コーヒーよりもバターローストの香りがしっかりしているので、濃いめに入れるとよりおいしくいただけます◎

 

ホイアン・ロースタリー(HOI AN ROASTERY)

ベトナムコーヒーお土産

出典:ベトナム生活・観光情報ナビ

ホイアン・ロースタリーは、ホイアンの日本橋近くにあるカフェです。おいしいコーヒーはもちろん、おしゃれな店内も話題になり、できたばかりですがすでにホイアンで人気のカフェになっています。

 

こちらのカフェでは、ベトナム独特の甘いコーヒーではなく、イタリアンタイプやエスプレッソのコーヒーを楽しむことができます。「じゃあ、ベトナムコーヒーじゃないのでは?」と思ってしまいますが、ただ、使われているコーヒー豆はもちろんベトナム産!同じベトナム産のコーヒー豆でも、焙煎方法が異なるので、ほかのものと違う味わいになるのです。

 

ホイアン・ロースタリーで使われているコーヒー豆は、ダラットの農家から品質のいいものだけを厳選しているので、とにかくおいしいコーヒーなんです☆おしゃれな空間でおいしいコーヒー…。毎日の喧騒から離れて、ほっと一息ついて休んだら、おいしいコーヒーをお土産に日本に帰りましょう。ベトナム独特の味わいのコーヒーじゃないので、甘いコーヒーが苦手な方にも喜んでもらえるはずです♪

 

種類豊富なドリップコーヒー

ベトナムコーヒーお土産

ベトナムのお土産屋さんには、様々な種類のドリップコーヒーがいられています。スティックシュガー入りや、カップ付きのもの、一風変わったチョコレート風味のもの、渡す相手の好みにあわせて選ぶことができるので、お土産におすすめです◎ぜひ、相手にピッタリのベトナムコーヒーを探してみてくださいね♪

スポンサーリンク

ベトナムコーヒーのおいしい飲み方

ベトナムコーヒーお土産

ベトナム式コーヒーの淹れ方は、「組み合わせ式フィルター」を使用します。こちらも、現地のスーパーやお土産屋さんで購入できるので、コーヒー豆と一緒に購入するといいでしょう。

 

「組み合わせ式フィルター」を使うと、コーヒーの抽出に10分ほど時間がかかります。長く感じるかもしれませんが、この待っている時間も、ベトナムコーヒーに醍醐味なのです。

 

おいしく淹れるために適している分量は、コーヒーの粉12~15gに対し、120㏄程度のお湯。コーヒーの粉は、挽きすぎていないものを使用しましょう。フレンチローストなどの深煎り焙煎のものを使うのが、ベトナムコーヒーの特徴です。ベトナムコーヒー特有のコンデンスミルクは20~25gを目安に、お好みで調節してください。また、コンデンスミルクは、コーヒー抽出後に入れるのではなく、カップに前もって入れておくのがポイントです☆

 

アイスコーヒーにする場合は、同様に抽出したあと、コンデンスミルクとよく混ぜて、氷の入ったグラスに一気に注ぎ込みます。

 

組み合わせ式フィルターや、中挽きのコーヒー粉を使うことで、日本のコーヒーとは違う味わいのベトナムコーヒーを、日本でも味わうことができます。ぜひ試してみてください♪

 

まとめ

いかかでしたか?あなたも、ベトナムコーヒーについて、少しわかったと思います。国が違えば、コーヒーの飲み方一つにしても、文化が違うんですね!ベトナム旅行に行った際には、本場のベトナムコーヒーをゆっくりと味わって、日本の友人や職場の同僚にお土産として購入してみてくださいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です