コーヒー好きに渡したい!お土産用メルボルンのコーヒー5選!

メルボルンお土産コーヒー

オーストラリアの「メルボルン」は、おしゃれなカフェがたくさんあり、コーヒーのクオリティの高さにも定評があります。最近は日本でもブルーボトルコーヒーなどが進出し、コーヒーカルチャーに注目が集まっていますが、コーヒーカルチャーの先進国とも言えるメルボルンのショップで買える、コーヒー好きに渡したい!お土産にぴったりの豆が買えるショップをご紹介します。

スポンサーリンク

スペシャルティコーヒーとは?

メルボルンお土産コーヒー

出典:https://unsplash.com

メルボルンのコーヒーカルチャーについて調べると必ずと言っていいほど出てくるのが、この「スペシャルティコーヒー(スペシャリティコーヒー)」というワード。日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)のHPによると「スペシャリティコーヒー」について下記の説明がされています。

 

“消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。

風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。

(中略) コーヒーの豆(種子)からカップまでの総ての段階において一貫した体制・工程・品質管理が徹底していることが必須である。(From seed to cup)具体的には、生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。
そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。
さらに、適切な抽出がなされ、カップに生産地の特徴的な素晴らしい風味特性が表現されることが求められる。”

http://www.scaj.org/about/specialty-coffeeより引用

 

少し難しいので簡単に要約すると、生産の過程から徹底して管理され、新鮮なうちに正しい方法で焙煎。さらに、その豆の特徴を最大限に生かして淹れられた風味豊かな美味しいコーヒーにだけ与えられる称号というところでしょうか。そしてこの「スペシャルティコーヒー」の称号の認定をしているのが、世界中にいくつかある「スペシャルティコーヒー協会」なのです。

 

少し話がずれましたが、メルボルンでは10年ほど前から、このスペシャルティコーヒーがスタンダードになっているため、どのカフェに行ってもおいしいコーヒーを楽しむことができるようです。

スポンサーリンク

お土産用コーヒー豆が買えるおすすめショップ5選

メルボルンのコーヒーに興味が湧いてきたところで、お土産にぴったりなコーヒー豆が買えるショップ5選をご紹介します。

 

Market Lane Coffee

メルボルンお土産コーヒー

出典:https://marketlane.com.au

市内に5店舗ある「Market Lane Coffee」は、知る人ぞ知る、地元でも人気の高いカフェです。PRAHRAN MARKET店では、ポワ・オーバー方式(ドリップ)で淹れた3種類のコーヒーの飲み比べができるカッピング(ワインでいうところのテイスティング)が体験できます。コーヒー好きならぜひ一度は訪れてみたい名店です。

 

メルボルンお土産コーヒー

出典:http://thedirectory.coffee

コーヒー豆のパッケージもシンプルでおしゃれですね。迷ったときは、店員さんにおすすめを訪ねてみてもいいかもしれません。英語に自信のない人は、味の好みに関する単語を事前に調べておくと安心です。

 

【Market Lane Coffee PRAHRAN MARKETの店舗情報】

  • 住所:Shop 13 Prahran Market 163 Commercial Road (Elizabeth Street entrance) South Yarra 3141, Victoria Australia
  • 営業時間:月 7:00 – 15:00 (豆とグッズの販売のみ) 火 7:00 – 17:00 水 7:00 – 16:00 木金土 7:00 – 17:00 日 8:00 – 17:00
  • URL:http://melbournalia.com.au

※PRAHRAN MARKET以外にも市内に4店舗あり

 

SEVEN SEEDS CAFÉ

メルボルンお土産コーヒー

出典:http://www.melbourne.breakfastout.com.au

「SEVEN SEEDS」は、いつ行っても賑わっている人気のカフェです。自家焙煎のこだわりの豆で淹れるコーヒーは自宅でも楽しめるよう販売されていますが、飲む直前に挽くのが理想とされているので、自宅で豆を挽くことのできない方は、劣化を最小限にするために、少量の購入がおすすめです。

 

メルボルンお土産コーヒー

出典:https://www.tripadvisor.com.au

シンプルながらインパクトのある外観が目印です。ウェアハウスを改装して作られたという建物は、ゆったりとしたスペースがあり、フォトジェニックな空間です。

 

【SEVEN SEEDS CAFEの店舗情報】

  • 住所:114 Berkeley Street, Carlton
  • 営業時間:月-土 7:00 – 17:00 / 日 8:00 – 17:00

※キッチンクローズ(月-金 15:30まで/土日 16:00まで/祝日 15:00まで)

※事前予約不可

 

St Ali

メルボルンお土産コーヒー

出典:http://www.cremamagazine.com.au

人気のカフェやレストランが集まる、サウスメルボルンにある「St Ali」は、コーヒー農園を所有し、カフェで使う豆の一部を独自で生産・焙煎しているこだわりのカフェです。そんなこだわりの豆をエスプレッソマシーンで淹れるロングブラックには根強いファンが多く、店内はいつも賑わっています。

 

メルボルンお土産コーヒー

出典:https://fromcoffeewithlove.com

サウスメルボルンマーケット内にもショップがあるので、ショッピングの途中に寄ってみてはいかがでしょうか?

 

【St Aliの店舗情報】

  • 住所:12-18 Yarra Pl South Melbourne VIC 3205 AUS
  • 営業時間:月-日 7:00 – 18:00
  • URL:http://www.stali.com.au

※South Melbourne以外にも市内に2店舗あり

 

PADRE COFFEE

メルボルンお土産コーヒー

出典:http://metropolist.com.au

どのカフェも、コーヒーに対する情熱やこだわりが、そのカフェの個性を光らせていますが、「PADRE COFFEE」では、豆だけではなくラテなどに使用するミルクにもこだわりがあり、メルボルンにある「ST. DAVID DAIRY」のミルクを使っています。白を基調とした店内は明るい雰囲気でスタイリッシュですね。

 

メルボルンお土産コーヒー

出典:http://www.therathdownedeli.com.au

購入できるコーヒー豆は、種類が豊富にそろえられているので、迷った時にはバリスタに相談するのが良さそうです。
店内と同じ白を基調としたデザインのパッケージは、お土産としても最適です!

 

【PADRE COFFEE Brunswick East店舗情報】

  • 住所:438-440 Lygon St, Brunswick East VIC 3057 AUS
  • 営業時間:月 7:00 – 14:00 火水金土 7:00 – 16:00 木 定休 日 8:00 – 16:00
  • URL:http://www.padrecoffee.com.au

※Brunswick East以外にも市内に5店舗あり

 

Proud Mary

メルボルンお土産コーヒー

出典:https://www.essentialtravel.co.uk

メルボルンのカフェでは、コーヒーが美味しいのは当たり前で、プラスアルファでブレックファーストとランチメニューが豊富なのも特徴です。「Proud Mary」はまさにどちらもパーフェクトに味わえるカフェで、立地的にはあまり目立たない場所にあるにも関わらず、平日の朝から満席、なんてことも珍しくない人気ぶりです。

 

メルボルンお土産コーヒー

出典:https://smudgeeats.com.au

豆はバリスタが産地まで赴き、納得したものだけを仕入れているというこだわりよう。かわいいパッケージはお土産にもぴったりで、自分用にも欲しくなりますね!

 

【Proud Mary店舗情報】

 

どのカフェもコーヒーに対する情熱やこだわりがあって、お土産だけ買って帰ってしまうには何だかもったいない気がしますね。ぜひ、メルボルンのカルチャーを感じながら、カフェめぐりも兼ねたお土産さがしをしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です