ラオス観光ならここ!街が世界遺産となっているルアンパバーンの魅力に迫る!

ラオス 観光 世界遺産

SHARE

ラオス観光ならここ!街が世界遺産となっているルアンパバーンの魅力に迫る!

突然ですが、「ラオス」と聞いてみなさんはどんなイメージが浮かんできますか?日本ではあまりなじみのない国ですが、ニューヨーク・タイムズの「世界で一番行きたい国」第1位や、イギリスの旅行雑誌・ワンダーラスト「満足度の高い観光地ランキング」でも第1位にも選ばれるなど、ラオスは欧米やヨーロッパの旅人を中心にじわじわと人気上昇中の国なのです。

今回は、そんなラオスの魅力のひとつ「世界遺産」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ラオスの世界遺産と言えば「ルアンパバーン」

古都ルアンパバーンは、日本でいう京都のような街で、首都ビエンチャンからバスで約10時間。カーン川とメコン川の合流地点にあたり、フランスの植民地時代を思わせるコロニアル調の建築、自然と調和した美しい街並みや歴史、文化保護の観点から1995年に街自体が世界文化遺産に登録されています。

 

ルアンパバーンで見ておきたい!世界遺産の光景

ラオス 観光 世界遺産

出典:http://www.geocities.jp

数ある世界遺産と観光ポイントの中から、ルアンパバーンで見ておきたい、おすすめの観光スポットを、ピックアップしてご紹介します。

 

寺院だけではない美しい世界遺産の光景

ラオス 観光 世界遺産

出典:https://retrip.jp

早朝の托鉢の光景はルアンパバーンならではの一度は見てみたい光景。ラオスでは先祖に届けたいお供え物をお坊さんに託すという意味もあるそうです。見学の際は、お坊さんの前に立たない、フラッシュをたかないなどマナーを守って見学したいところです。

 

ラオス 観光 世界遺産

出典:http://www.trazeetravel.com

タイの少数民族「モン族」の人々が毎晩出店するナイトマーケットは、モン族ならではの、織物を利用したポーチやペットボトルホルダーなど、すぐに使えそうなアイテムから、アクセサリー、オーガニックティーなど様々。毎日開催しているので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ラオス 観光 世界遺産

出典:http://tabizine.jp

高さ150mの小高い山「Phousi(プーシー)」は、頂上にタートチョムシーという寺院があり、328段の階段を登るプチ登山となります。山を登り切った頂上から見渡すルアンパバーンの街並みは絶景!夕方には、メコン川に沈む夕日を見ようとたくさんの観光客と地元の方で賑わうので、絶景ポイントを確保する為に、少し早めの到着がおすすめです。

 

博物館と寺院

ラオス 観光 世界遺産

出典:http://holeinthedonut.com

かつて王朝だった建物を利用したルアンパバーン国立博物館は、王朝時代の歴史や王族が使用した家具や調度品などが展示され豪華絢爛菜当時の王族の生活を垣間見ることができ、王室の人がプライベートに利用していた日本車も展示されています。

 

ラオス 観光 世界遺産

出典:http://asian-images.photoshelter.com

世界遺産都市のシンボルともいえるWat Xiengthong(ワットシェントーン)は、ラオス全ての寺院の中でも最高級の美しさと言われ、「マイ・トーン」と呼ばれる黄金の木のモチーフの美しさでも有名です。

スポンサーリンク

その他の観光も盛りだくさん

ルアンパバーンの市内には、たくさんの旅行会社が軒を連ね、半日から宿泊を伴うものまで様々なツアーがあります。市内から少し離れた場所で、ツアー参加でおすすめの観光スポットをご紹介します。

 

Tat Kuangsi(タートクアンシーの滝)

ラオス 観光 世界遺産

出典:http://www.motolao.com

エメラルドグリーンの滝つぼと流れ落ちる水の美しさは、まさに絶景!下流では泳ぐことができ、更衣室もあるので、水着を持参して楽しみましょう。11:00am前後発のツアーが多いため、ルアンパバーン到着当日の申込でも参加できるのがうれしいです。

 

Pak Ou(パークウー洞窟)

ラオス 観光 世界遺産

出典:http://www.mygola.com

メコン川を下ること約2時間。絶壁に掘られた洞窟に4000体の仏像が鎮座する光景は圧巻です。片道2時間はちょっと長いかな、と思いますが、風を切りながらのメコンクルーズはとても気持ちよく、途中、ラオスの焼酎の製造で有名な村、バーンサーンハイに立ち寄るツアーもあるので、ぜひ、旅行会社でチェックしてみて下さいね。

 

ゾウに乗るツアー

ラオス 観光 世界遺産

出典:http://www.travelingbynumbers.com

ルアンパバーン発の像に乗れるツアーは、ぜひ一度体験してみたいアクティビティのひとつ。モン族の村訪問や、タートクアンシーの滝訪問と一緒になったツアーや、もっとゾウと触れ合いたい人には、ゾウ使いの資格取得のツアーなど、いろいろ種類があるので日程と予算に合わせて参加してみたいですね。

 

ラオスの古都、世界遺産の街ルアンパバーンは、街自体はコンパクトながら、楽しいアクティビティがいっぱいです。ラオスに行ったらぜひ訪ねてみたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です