定番は嫌!上海のおすすめ穴場観光地6選!

上海観光穴場おすすめ

日本から近くて気軽に訪れることができる上海。中国経済の中心地でありながら、どこかノスタルジックなその佇まいは多くの旅行者を虜にする不思議な魅力に満ちています。定番スポットは網羅してしまい、さらにディープな上海を見たい!そんな上海リピーターのために一歩踏み込んで、穴場スポットを探してみました。知らないところがあったら、あまり人には教えないでくださいね!(笑)

スポンサーリンク

定番は嫌!上海のおすすめ穴場観光地6選!

 

七宝老街(チーバオラオジエ)

上海観光穴場おすすめ

出典:YouTube

こちら、言わば穴場の中の定番スポットです。2回、3回と上海を訪れている方はご存知の方も多いかもしれません。ガイドブックに大きく載ってはいない、でも現地人や上海通御用達の隠れた人気スポットです。

 

上海とその近郊には昔から続く多くの水郷があり、蘇州の運河風景などは有名ですね。水郷老街の「七宝老街」は上海市から地下鉄で=分ほどという驚きのアクセスの良さで伝統的な中国の運河風景を楽しめるスポットです。2000年に修復作業を開始し、現在は活気のある美しい町並みが蘇りました。

 

大きな門をくぐると、道の両脇にはお店がひしめき合うように並んでいます。立ち並ぶ屋台や食堂は、伝統的な食べ物から庶民派なB級グルメまでが揃うまさに食の宝庫。小吃(食べ歩き)を楽しみながら、街の中心を運河がゆったりと流れ、船が行き交う様子を眺めることができます。水郷の規模は小さくとも、風情たっぷりの町並みにきっと満足するはず。

 

アクセス:地下鉄3・4号線「宜山路」駅から9号線に乗り換え

「七宝」駅から徒歩10分弱

 

呉江路(ウージャンルー)

上海観光穴場おすすめ

出典:www.apalog.com

2000年にオープンした上海の有名なB級グルメストリート。激安でしかもおいしいグルメの食べ歩きが満喫できます。下記に注目のお店をピックアップしてみました。

 

焼き小籠包の「小楊生煎」

上海観光穴場おすすめ

出典:トリップアドバイザー

大人気の焼き小籠包「小楊生煎」はここ呉江路が発祥の地。朝から行列ができるほど人気の焼き小籠包、一度は味わってみたいものです。

 

上海料理、小籠包の「南翔饅頭店」

上海観光穴場おすすめ

出典:食べログ

豫園にある、創業100年の老舗「南翔饅頭店」の支店。こちらも小籠包がとてもおいしいことで有名です。加えて伝統的な上海料理が食べられるお店でもあります。このお店のお会計方式は、先にお金を払ってから料理が出てくるスターバックス方式となっています。

 

串焼きのお店「仔仔烤魚」

上海観光穴場おすすめ

出典:波哥去吧PorkTrip – 痞客邦PIXNET

タレをしみ込ませて焼いた牛串が人気!ホタテなどの海鮮も気になります。イートインもテイクアウトもOK。

 

お腹がすいてきますね。呉江路で、さまざまな上海の味を楽みながらお気に入りを見つけてみては。

 

アクセス:地下鉄2、12、13号線「南京西路」駅3、4号出口から徒歩約1分

 

田子坊(ティェンヅファン)

上海観光穴場おすすめ

中国で有名なクリエイターが1999年にアトリエを開いたことから発展し始めた「田子坊」は上海のSOHO(ソーホー)などとも呼ばれ、今もアトリエや工房が点在するカルチャーゾーンとなっています。

 

路地裏の雰囲気はそのままに、おしゃれなカフェや雑貨店がずらりと並んでいます。若い人も多く、活気に満ちた雰囲気の店舗群は日増しに範囲が拡大されているのだとか。お店の入れ替わりが頻繁なので、その時々の上海の流行を垣間みることができます。

 

田子坊を歩いていると、じつにさまざまな国籍や年齢の人が入り交じっていて、あらゆる文化を包括したエネルギーが渦巻くのを肌で感じることができます。多国籍・多文化な田子坊で、何かしらインスピレーションを得ることができるかもしれません。ちなみに週末は混雑するので注意。

 

アクセス:地下鉄9号線「打浦橋」駅から徒歩30分

スポンサーリンク

上海ディズニーランド

上海観光穴場おすすめ

出典:AFPBB News

2016年6月にオープンしたばかりの上海ディズニーランド。メディアでは散々な報道がされていたのが記憶に新しいですが、実際のところはというと…客層は中流階級以上が多いので、日本メディアでこき下ろされているほどマナーは悪くないようです。割り込みなどもあまりないですし、中国のことをある程度分かっている方ならまず許容の範疇でしょう。(さすがに東京ディズニーランドほどのホスピタリティを期待してはいけませんが)

 

敷地面積は東京ディズニーランドよりも広く、新しいので施設もとてもきれいです。すいている時期を選べば少ない待ち時間でたくさんアトラクションを回ることができますし、キャラクターグリーティングも日本なら長蛇の列がお約束のミッキーやミニーにもすぐ会えてしまうことから実は穴場というウワサ。

 

新しいだけあって、実は世界初の新しいタイプのアトラクションも満載。ディズニーファンでなくとも一度訪れてみるといいのではないでしょうか。ちなみに狙いめは月曜日だそうです。

 

アクセス:地下鉄11号線の南側の終点「迪士尼」駅

上海市内からシャトルバスも出ているようです。

 

ここからは、さらにマニアックなところへ足を伸ばしてみましょう。

 

南外灘軽紡面料市場

実は、上海ではオーダーメイドの洋服が安く作れること、知っていましたか?ドレスやスーツはもちろん、普段着からベッドカバーまでありとあらゆる布製品をオーダーできるんです。この「南外灘軽紡面料市場」もそんな上海の布市場のひとつで、ショッピングモールのような店舗集合型の施設となっています。3階建ての建物に大きく「布」と書かれていて遠目にも分かりやすい外観。館内にはオーダーメイドショップがぎっしりと軒を連ねています。

 

店頭には見本の服がたくさんディスプレイされているので、まずは見て回って、自分の好きなジャンルセンスのお店を探しましょう。ネットで調べて目星をつけてから行くのも手です。作りたい服のイメージをある程度決めてから行った方が良いでしょう。できれば雑誌の切り抜きや写真があると店員さんにイメージを伝えやすくなります。
オーダーの流れとしては、店員さんにイメージを伝える→採寸してもらう→店先にある布を選ぶ→値段を聞く→OKであれば支払い→仕上り日を聞いて領収書を受け取る→後日、受け取りに行く(その場でサイズ感をチェック、おかしいところがあれば直してもらう)という感じです。

 

仕立てには数日かかるので、滞在期間が短い場合は急ぎの交渉が必要かもしれません。中国語ができないとオーダーに少し勇気が要りますが、好きな素材で、好きな形に、自分のサイズで仕立ててもらった洋服はきっと思い出の一着になるはず。オーダーしなくても、見本品が安く買えたり、スカーフやポーチなどのお土産が観光地よりも安く買えたり、見て回るだけでも楽しめます。

 

アクセス:地下鉄4号線「南浦大橋」駅から徒歩約5分

 

上海現代軍事体育倶楽部

こちらは繁華街「淮海中路」にある、なんと実弾が打てる射撃場です。路地裏にあってなんとなく怪しい雰囲気…ですが、中に入るといたって普通です。家族連れもいたりします。軍事記念館があり、その隣が射撃場となっています。日本人も時々来るようで、日本語で解説が書かれていたりします。

 

リボルバー、ライフル、半自動小銃、歩兵銃など好きな種類の銃を選ぶことができます。弾は1発につき8元~15元で、ピストルの種類によって値段が変わってきます。10発以上からとなっているので、ここで遊ぶには最低80元=日本円で約1,120円は必要。射撃用の個室が用意されており、インストラクターの方がついてくれるので安心です。実弾を撃つなんて滅多にできない体験です。話のネタになることは間違いないでしょう。同館内にはなぜか弓道場や卓球、バーのような施設まで入っているようです。

 

アクセス:軌道交通1号線「陝西南路」駅の4番出口から徒歩約5分

 

いかがでしたか?

気になるスポットはありましたでしょうか。定番に飽きたら、観光地から足を延ばして上海の知られざるディープな世界へ踏み込んでみてください。あなたの知らなかった世界に出会えるはずです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です