世界のお祭り一覧!面白いお祭りランキング!

世界のお祭り面白いランキング

SHARE

世界のお祭り一覧!面白いお祭りランキング!

日本人が大好きなお祭り!国内でも「裸祭り」や「なまはげ祭り」などちょっと奇抜なお祭りが行われていますが、世界に目を向けるとビックリ仰天のお祭りが各地で開催されているんですよね。

 

今回は、知っているだけで話のネタにもなる、世界の面白いお祭りランキングをご紹介します。

スポンサーリンク

10.世界遺産 死者の日(メキシコ)

世界のお祭り面白いランキング

出典:http://yuuma7.com/

世界の面白いお祭り、ランキング10位はメキシコで毎年10月31日から11月2日にかけて行われる「死者の日」というお祭りです。

名前だけ聞くとギョッとしてしまいますが、2003年にユネスコの世界文化遺産にも登録され、観光客が集まる有名なイベントなんですよ。

日本の行事でいう「お盆」のようなもので、亡くなった方々が骸骨になりこの世に戻ってくるので賑やかにお出迎えしよう!という趣旨の、長い歴史を持つ宗教的なお祭りです。

厳粛にお盆を迎える日本と違って、ラテン系のメキシコではとにかく明るいムードで行わているので、見ているだけでとっても楽しい気分になれちゃいます。

10月31日といえば日本でも「ハロウィン」でコスプレ姿の人々がメディアに報道されていますが、メキシコではカラフルでポップでキュート(?)な骸骨に扮した人々が町中を練り歩いたり、アーティスティックで可愛い!?骸骨グッズが出店などでたくさん販売されているので、この時期メキシコへ行かれるならお土産にもオススメですよ♪

 

9.バーニングマン・フェスティバル(アメリカ)

世界のお祭り面白いランキング

出典:http://www.gizmodo.jp/

世界の面白いお祭りランキング9位は、アメリカ・ネバダ州のブラックロック砂漠で開催されるTHEアメリカンなビッグ規模の「バーニングマン・フェスティバル」です。

このお祭りは主催者が失恋したときに人形を燃やしたらスッキリしたので、賛同する仲間とともに1年に1度燃やし続けていると「Oh!Burning!Beautiful!」だとかなんとかでアーティストに支持され、次第に規模が大きくなり場所を砂漠に移した、という面白い由来を持つものです。

毎年8月の最終月曜日から9月の第一月曜日まで開催されるお祭りに参加すると、期間中は主にブラックロック砂漠で生活するスタイルとなります。

ここでは日ごろの便利な生活から離れて、常識というしがらみからも離れて自由な生活を楽しめるため、芸術系アーティストが中心になって広大な土地で自由に自己表現する超楽しそうな一大イベントとなっています。

「自由な自己表現」というテーマから、イベント中は砂漠一帯に謎の仮装スタイルで生活する人々やカラフルでアートな手作りの物体が多数出没し、会場中央に設置された10m超の人形「バーニングマン」は盛大に燃やされる、など見どころが詰まった魅力的なお祭りなんですよ。

一方で、自立した生活を心がける、作ったものやゴミなどは必ず最後に燃やして元通りにする、などエコなルールも徹底されているので、自己啓発のために参加してみるのも良さそうですね。

 

8.チーズ転がし祭り(イギリス)

世界のお祭り面白いランキング

出典:https://ja.wikipedia.org/

世界の面白いお祭りランキング8位は、牧歌的なイギリスの田舎町で開催される「チーズ転がし祭り」なるお祭りです。

チーズ転がし祭りが行われるのは毎年5月の最終月曜日、「spring bank holiday」というイギリスの祝日。この日になると観光地としても有名なコッツウォルズ地方のクーパーヒルという急斜面で、転がっていくチーズを大の大人が追いかけるという、見ている人間にとっては完全に笑いしかこみ上げてこない戦いが繰り広げられます。

なんとクーパーヒルは200メートルほどの長さの急斜面で、転がるチーズの時速は100kmに達することもあるとのこと。もちろん追いかけている本人達は真剣です。

もともと200年以上前、坂を転がるチーズを追いかけたことから始まった、というなんともストレートながら長い歴史を持つこのお祭り、優勝者はゴールへ最初に転がり着いた人で、賞品は共に転がり戦い抜いたチーズ(笑)だそうです。

お祭りで転がるチーズは「ダブルグロスターチーズ」と呼ばれるこの地方の伝統的な美味しいものなので、チーズ好きにはたまらないレースではないでしょうか。

 

7.トマト祭り(スペイン)

世界のお祭り面白いランキング

出典:www.lovevalencia.com

世界の面白いお祭りランキング7位は、チーズといえばトマト!という組み合わせのお料理がとても美味しいスペインで行われる「ラ・トマティーナ」というお祭りです。

このお祭りは熟したトマトをぶつけ合って収穫を祝うという、面白いコンセプトの元に毎年8月最終水曜日に開催されています。

「ラ・トマティーナ」と名前だけ聞くと美味しいスパニッシュ料理のような響きを持つお祭りは、バレンシア地方のブニョールという良い感じの田舎町で繰り広げられ、開催日になると街の人口1万人を軽くしのぐ4~5万人の観光客が詰め掛けるそうです。

この日のために用意されるトマトはなんと約120トン、その並べられたトマトに手を伸ばし、掴んだトマトを投げ合って喜ぶ参加者の姿はまるで血まみれの様相ですが、投げ合いは1時間後に終了の合図が出されピタリと止まり、すぐに清掃が始まるんですね。

限られた時期、限られた時間しか楽しめないこのお祭りでは、トマトを投げてストレス発散しつつ、鼻に入るトマトのかぐわしい匂いと口に入る果肉を味わうことも出来るので、トマト好きにはとってもオススメですよ。

 

6.オレンジ祭り(イタリア)

世界のお祭り面白いランキング

出典:http://yuuma7.com/

世界の面白いお祭りランキング6位は、トマトを投げ合う危険な国スペインのお隣イタリアで行われる、オレンジ祭りです。

こちらはトマト祭りと違って、ホンモノの流血騒ぎが発生しそうな危険で面白いお祭りなんですよね。

スペインのトマト祭りは一応、ぶつかった人に対するマナーとして「一度潰したものを投げる」ルールが作られていますが、イタリア北東部、トリノ県の都市イブレア市で開催されるオレンジ祭りは、容赦なく硬いオレンジが結構なスピードで飛び交います。

どうして、スペインのトマトと違ってただでさえ硬いオレンジが力の限り投げつけられるのかというと、このお祭りがそもそも収穫祭などではなく、民衆が横暴な領主に反抗するため収穫した農作物を投げたことに由来があるからなんですね。

イタリア全土でカーニバルが行われる2月下旬にあわせて行われるこのお祭りは結構危険な要素をはらんでいるので、スリルを味わいたい!という猛者のみ参加しましょう。

防護ネットが張られた安全地帯があるので普通の観光客の皆さんはひっそりと眺めているのが一番のお祭りですが、時々流れオレンジの被害に遭う可能性もあるので特に頭上には気をつける必要がありそうです。

スポンサーリンク

5.ロケット花火祭り(ギリシャ)

世界のお祭り面白いランキング

出典:http://blogs.timesofindia.indiatimes.com/

世界の面白いお祭りランキング5位は、ギリシャで教会同士が村を挙げてロケット花火を投げ合うという、壮絶にデンジャラスで面白いお祭りです。

物を投げあうお祭りは世界各地で人気のようですが、中でもエーゲ海に浮かぶギリシャ領の島、ヒオス島では毎年4月、イースター祭の際に島にある2つの教会が華々しいロケットを投げ合うという壮大なスケールの花火大会が行われるため、このお祭りを目当てに訪れる観光客も相当多いようです。

ロケット花火祭りは19世紀頃から始まったそれなりに由緒あるもので、由来ははっきりとしていないのですが、2つの教会のどちらが祭事を仕切るか争うために始まったという説が有力なんですね。

ロケット花火は一晩で約65,000発も打ち上げられるそうで、時速200kmを超える速度で2つの教会の間を火を噴きながら飛び交う花火は流星群に見えなくもない迫力満点の光景です。

目の当たりにするとリアルスターウォーズのような風景に圧倒されますが、お祭り初心者が屋外にいると危険なのでバリケードなどで防護されている建物内から見学しましょう!

 

4.携帯電話投げ祭り(フィンランド)

世界のお祭り面白いランキング

出典:http://news.livedoor.com/

世界の面白いお祭りランキング4位は、参加者の真剣ぶりに笑いがこみ上げてくるフィンランドの「携帯電話投げ大会」です。

投げ合うのが大好きな世界のお祭りに乗じて、もう何でも投げちゃえ!というコンセプトで作られたのかどうかは分からないですが、2000年にスタートして以来、注目を集めている謎の国際大会です。

そう、このお祭りってれっきとした「スポーツ大会」だそうで、正式名称を「携帯電話投げ世界選手権大会」といいます。

世界各国から参加できますが申し込みが必要となっているので、参加希望の方は事前に申請を忘れず行いましょう。

大会の内容は本格的で、携帯電話を投げて飛んで行った距離に応じて優勝争いをする「オリジナル部門」のほか、団体勝負の「チーム部門」、携帯電話を投げるときの振り付け(?)やスタイルの美しさやオリジナリティーを評価するフィギュアスケートみたいな部門もあります。

選手というだけに、みんな本当に真剣なんでしょうが、賞品も「新しい携帯電話」、投げるのは220g以上の携帯電話何でもOKということで、面白さ満開です。

ただ、最近はどこにいても携帯電話に連絡が来て追われているような気分になる方も多いのではないでしょうか。そんなときは、携帯電話を思いっきり投げるのってかなりストレス発散になりそうなのでオススメですよ。

 

3.ソンクラーン(タイ)

世界のお祭り面白いランキング

出典:http://sekatabi.net/

世界の面白いお祭りランキング3位は、タイで毎年4月に開かれる「ソンクラーン」というお祭りです。

とにかく水を思いっきりかけて楽しむという面白そうなお祭りは、もともと旧正月にあたる日を祝うイベントのひとつで、その時期がタイで一番暑い季節に行われることから、いつの間にか水の掛け合いが一般的に行われるようになったそうです。

ソンクラーンは国全体のお祭りなので、どこへ行っても激しい水合戦が行われており、この時期にタイを訪れると間違いなくもらい事故(?)を起こすので汚れても良い服装を忘れずに着用しましょう。

水だけならまだしも、白い粉を溶いた泥のようなものを通りすがりの人にこすりつけたり、強力な水鉄砲やホース、バケツを使ってとにかく思いっきり液体をかけてきますが、怒らずこちらも童心に帰って応戦してみてください。きっと不思議な心地良さを感じられるはずですよ。

子供から老人まで水の掛け合いを楽しむソンクラーンは、世界中の面白いお祭りの中でも3本の指に入る遊び心満載のお祭りです。

観光客同士も含めて、お互いに水を掛けても基本的にトラブルにならないどころか、仲が良くなってしまうなんてこともよくある光景なので、羽目を外して「強い武器」を作ってみるのもオススメですよ。

スマホやデジカメなど水に濡れると故障してしまう恐れのあるものだけは、極力持ち歩かないか防水ケースに入れておくことだけ注意してくださいね。

 

2.ホーリー祭(インド)

世界のお祭り面白いランキング

出典:http://www.tokyo-backyard.com/

世界の面白いお祭りランキング2位は、カラフルに汚れることが出来ちゃう!インドで毎年春に行われる「ホーリー祭」です。

ホーリー祭が行われる時期は毎年インド暦の第11月、太陽暦では3月中旬~下旬にかけての二日間。この間、街の業務は休止しみんなでバケツに入った色水や色のつく粉をとにかく人に向かって投げ合うんですね。

この行事はインドのカシミール地方が発祥といわれており、もともとは家に入ってこようとするヒンディー教の悪鬼「ビシャーチャ」を、泥や汚物を投げて追い払ったことに由来するそうですよ。このあたりは日本の「節分」と良く似ていますよね。

ただ、ホーリー祭で投げるのは豆ではなく思いっきり派手な原色の塗料や色水、そして投げられるのもなぜか鬼役など関係なしに家族や友人はもちろん、はては通りすがりの知らない人、もちろん観光客も容赦なくターゲットにされます。

全身がカラフルになってしまったあと、「ハッピーホーリー」と声を掛けて抱き合えばあなたもわたしもお友達になれる、という混沌の国インドならではのハチャメチャなお祭りに参加してみると、ストレスも発散でき、新しい自分が発見できるかもしれません。

 

1.ポリョン・マッド・フェスティバル(韓国)

世界のお祭り面白いランキング

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/

世界の面白いお祭りランキング、トップを飾るのは日本のお隣、韓国で「泥まみれになる」という、一見クレイジーでながら美容&健康効果が高いと女性からの人気が非常に高い「ポリョン・マッド・フェスティバル」です!

このお祭りは、海辺の町ポリョンの広い干潟から産出される濃厚な天然のミネラルを含む泥を全身に付けることで美肌効果や健康効果をたっぷりと吸収できちゃうんですよ♪

毎年7月中旬から末にかけて10日間前後催されるイベント会場では、送迎バスが完備され、また水着に着替えたり泥にまみれたあとシャワーが浴びられる施設なども用意されているので、綺麗好きの日本人には非常にありがたいお祭りでもあります。

外国人向けに整備されたアミューズメント施設のような場所で、美容効果の高い泥まみれになれるこのお祭りは、広い空間で「泥エステ」を楽しめるうえに、同行者同士で泥の投げ合いなどをして遊ぶのも面白そうですよね。

顔に泥をぬりたくって「泥アート」を楽しんだり、音楽に合わせてドロドロのまま踊ったりと、とにかく自由に、そして安全に遊べるので自ら参加者となって楽しむお祭りとしてはイチオシですよ♪

 

まとめ

世界の面白いお祭りをランキング形式でご紹介しましたが、本当に世界各国では豆知識としてネタ披露にもなる、奇抜で面白いお祭りがたくさん開催されているんですね。

各国のお祭りにぜひとも参加したい!というツワモノはもちろん、たまたまお祭りの開催時期に開催地域へ行くことになった!という方がいらっしゃれば、せっかくなのでぜひ事前にチェックして防御アイテムを用意しつつ、目いっぱい世界のお祭りを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です