会社のばらまきにぴったり!中国のお土産でおすすめのお菓子9選!

中国お土産おすすめお菓子会社ばらまき

日本人の旅行先としてとても人気の中国。距離が近いし、旅費もリーズナブルということで行きやすさが人気の秘密でしょう。で、旅行に行った際に悩んでしまうのがお土産選び。会社に勤めている人は、手ぶらで帰国するわけにはなかなかいかないと思いますので、今回おすすめのお土産をいくつか紹介しています。「ばらまきにおすすめ」という切り口で紹介していくので、会社用の中国土産を紹介している方はぜひこちらを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

会社のばらまきにぴったり!中国のお土産でおすすめのお菓子9選!

 

月餅

中国お土産おすすめお菓子会社ばらまき

出典:ミシェル!

中国土産の定番のお菓子といえばやっぱり月餅。元々中国の「中秋節(ちゅうしゅうせつ)」(日本で言う中秋の名月)の行事で食べられていた伝統的なお菓子で、中にずっしりあんが入っているお饅頭です。中国ではスターバックスやミスタードーナツでも販売しており、今では日本でもメジャーなものになりつつあります。見た目も中国らしくて素敵です。鹹蛋(タンファン)月餅という卵黄入りのものや、ナッツがぎっしり詰まったも
の、黒ゴマあんを使ったものなど、いろいろな味があります。コンビニでも1つ5元(83円)ほどで手に入るようです。

 

みんなが安心!日本メーカーのご当地お菓子

中国お土産おすすめお菓子会社ばらまき

出典:Dr.Wallet

昨今では中国製のお菓子にアレルギーを示す人もいて、お土産選びも悩ましいところ。そんな中、日本のメーカーが製造した商品なら比較的安心できる人も多いはず。最も無難なチョイスと言えそうです。種類も豊富で、日本にはないフレーバーもたくさん発売されています。グリコのポッキー(百奇)は5元(83円)~。ライチ味、烏龍茶味など中国限定の味がたくさんあります。プリッツ(百力滋)は上海蟹風味や麻婆豆腐などの中華料理フレーバーが楽しめます。こちらも5元前後。人気のコロン(可瓏)はマンゴープリン味や天津甘栗味が発売されています。コンビニやスーパーで気軽に買うことができるのも魅力のひとつです。空港でも6箱入りで80元(1,321円)前後~売られており、帰国前にも手に入れることができます。

 

ジャンク飯といえばどこの国もインスタントラーメン・カップラーメン

中国お土産おすすめお菓子会社ばらまき

出典:東洋経済オンライン

言わずもがな、コンビニやスーパーでリーズナブルに手に入るものの代表格。しかもバラエティに富んでいて個性豊かなのが特徴です。現地で親しまれている味にリアルに触れることができるところに面白さがあります。日本のように作り方が詳しく書いているわけではなく、各自の裁量で作るアバウトさも中国ならではの醍醐味。何人かで食べ比べてみるのも楽しそうです。

 

効果テキメン、漢方のど飴

中国らしいレトロなデザインの施された缶で売られているものが多く、雰囲気たっぷりで目を楽しませてくれます。味も、漢方そのものという感じではなく甘くて美味しいものもたくさんあります。

 

体にもいいナッツ系

中国お土産おすすめお菓子会社ばらまき

出典:ja.aliexpress.com

ナッツの生産が盛んな中国では、昔から庶民の家庭でおやつとして木の実が食べられているようです。ピスタチオ、カシューナッツ、マカダミアナッツなどをはじめ、ピーカンナッツなど日本では売られていない種類のナッツもたくさんあります。味が濃厚でとても美味しく、値段も日本よりリーズナブルです。近年、日本でも美容の観点から良質な油の摂れるナッツの人気が上昇しています。女性に喜ばれるかもしれません。小包装のものもあるのでばらまきにおすすめです。

 

変わり種!珍味系おやつ

日本では買えない珍味系のおやつはいかがでしょうか。キャンディのように小さな銀紙に包まれたキューブ状のジャーキーや、真空パックの小袋に入った一口で食べられる砂肝などがあります。デパ地下などで売られています。試食もさせてもらえるので、口に合うものが見つかるはず。おやつはもちろんお酒のお供にもぴったりです。

スポンサーリンク

パイナップルケーキ

中国お土産おすすめお菓子会社ばらまき

出典:Naverまとめ

こちらは台湾のお土産として定番ですが、上海などでも人気なのだそう。さっくりしたケーキの中にパイナップルのジャムが入っているお菓子です。微熱山丘というメーカーのものが特に有名なのでご存知の方も多いでしょう。こちらは10個で120元(1,982円)。

 

ひまわりの種

中国お土産おすすめお菓子会社ばらまき

出典:【楽天市場】 ショップ一覧

ハム太郎じゃありませんが中国ではひまわりの種がよく食べられています。ひまわりの種は非常に栄養価の高い食品で、実は日本でも多く生産されています。現地の人は殻つきのものを上手に歯と舌で割って食べます。お土産には殻を剥いてあるものがおすすめ。塩、甘草、茴香、香辛料などで味付けされていて、食べ始めると止まらない、癖になるおやつです。

 

沙琪瑪(サチマ)

中国お土産おすすめお菓子会社ばらまき

出典:中華食材のまつや 中国の魅力的な食材満載! – おちゃのこネット

子供のおやつはもちろん、朝食や小腹が空いたときに食べる人も多い伝統あるお菓子です。10~20個入りの大袋で売られており、小包装になっているので配りやすい。日本で言う「おこし」のような見た目ですが、ガツンとくる甘さとハイカロリーさから、栄養補給食品のようなポジションの扱いだそうです。このサチマのおいしさにとことんハマってしまい、体重が急激に増加した人もいるそうなので食べ過ぎにご用心。

 

番外編:ツッコミどころ満載!トンデモパッケージのパロディ菓子

中国お土産おすすめお菓子会社ばらまき

出典:Twitter

このパッケージはおなじみコ●ラのマーチ?と思いきや商品名が「じスケツト」。ほか、「のクッキー」「黒ゴマパソケーキ」「クソムーケーキ」などネーミングからしてテキトーさ丸出しな上ひらがなとカタカナで書かれているからこそ日本人には爆笑必死の仕上がりになっています。日本にはないそのユルさ加減も愛くるしいではありませんか。職場で笑いがとれること請け合い。ただし、会社で配る際は人を選んでジョークの通じる間柄の人に渡すべし。

 

まとめ

中国では日本の製品もガンガン販売されているので、迷ったときは中国版日本製品を選べば外すことはないので、そちらをチョイスしてはどうでしょう?ただ、番外編で紹介したようないかにも中国らしいお土産をチョイスするのも面白いと思うので、ぜひご参考ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です