安く行ける国を紹介!海外旅行を安く済ませるための6つのコツ!

安く行ける国安く済ませる海外旅行コツ

一昔前までは贅沢なイメージのある海外旅行でしたが、LCC系の格安飛行機などもありリーズナブルな料金で満喫することができるようになりましたよね。とはいえ、初めての国などで相場が分からないとやたら高いツアーに入ってしまったり、安く見積もりすぎてラグジュアリー感ゼロ・・・なんて失敗もありがち。

 

ここでは相場をしっかりと知って、お得に、そして安心安全快適に楽しめる海外旅行先や、お得に旅するコツを伝授します!

スポンサーリンク

海外旅行の費用ってどのくらい?相場を紹介!

安く行ける国安く済ませる海外旅行コツ

出典:http://malaysiajp.com/

テレビやネットを見ていると、みんな気軽に海外旅行へ出かけていますが実際のところ海外旅行の費用ってどのくらいかかるのでしょうか。

 

相場として参考になるのはツアーのパック旅行プランです。日本から近いアジア圏と、遠いヨーロッパ圏などでは航空券の料金が大幅に違うので費用も異なりますし、現地通貨と円の関係によって滞在費も違ってくるので、地域ごとに分けてご紹介しますね。

 

アジア圏(韓国・台湾・上海・香港・マカオなど)

フライト時間が短くて済むアジア圏は、2~3泊と少ない滞在期間でも十分楽しめる最高のリーズナブルスポットです。滞在日数が短いと宿泊費もその分かからないので、ひとり3万~5万円の旅費を見積もればめいっぱい遊んで贅沢ができる旅先といえるでしょう。

 

東南アジア(タイ・ベトナム・シンガポール・マレーシア・カンボジア・フィリピン・インドネシアなど)

中国や韓国に比べると少しフライト時間も長く、異国情緒をたっぷりと味わえる東南アジア。現地在住の日本人も多く、日本企業もたくさん進出しており、治安も昔に比べると格段に良くなっているので3~4泊前後の旅行で気軽に行ける国ばかりです。旅行費用の相場はアジア圏より少し高くなりますが、それでもツアーで5万~10万円以下で抑えられますよ。

 

ヨーロッパ

永遠の憧れともいわれるヨーロッパへの旅行は、フライト時間が最短10時間前後と長く、滞在日数も最低で4~5泊は必要ということもあるので費用の相場は近場のアジア・東南アジアに比べると格段に上がります。今はだいぶ安いツアーなどもありますが、リーズナブルな中でいくつかの都市や世界遺産を巡る旅をするなら、最安でも20万円ほどの旅費は見積もっていたほうが良いでしょう。組み合わせによってはひとり30万円以上のツアーもあるので、出来る限り安く、自分の行きたい場所に行けるプランを考える必要がありそうですね。

 

オセアニア

オーストラリアやニュージーランドのほか、ニューカレドニア、パラオなどビーチリゾートもたくさんあるオセアニア地域は新婚旅行でも人気のスポットですよね。南半球で日本とは季節が逆ということもあり、大型連休中でもGWなどは現地のオフシーズン(冬場)にあたるので滞在費は比較的安くなります。ツアーの相場は15万~20万前後となっており、ヨーロッパよりは安価に海外旅行を満喫できる場所というわけですね。

 

アメリカ合衆国、カナダ

北米地域も飛行距離が長く、滞在費用がそれなりにかかるためどちらかというとお手軽に行ける国というわけではなさそうです。ツアーの相場は最低で20万前後、特にアメリカ合衆国内で移動を行ったりするとその分の移動費も入り、ひとり30万円近くになるので費用は多めに見積もっていたほうが良いでしょう。

 

中南米地域

イグアスの滝やマチュピチュ、ウユニ塩湖など注目度の高い観光地が多々ある中南米地域ですが、飛行時間が非常に長いこと、ツアーでないと行くことが難しい場所が多いこと、言葉や治安の問題が多いこと、などの理由からツアーの相場は非常に高い場所となっています。

 

エコノミークラスを使った場合のシーズンオフでも最安値50万前後が相場で、日本の冬にあたる12月~3月前後は過ごしやすい時期であり、また2月後半はリオのカーニバルも開催されるため100万を超えるツアーも当たり前のようです。中南米地域への旅行を安く抑えたい場合は、特に時期をずらして計画したいものですね。

 

アフリカ地域

アフリカ大陸の場合、モロッコやエジプトなど北アフリカ地域は海外旅行客が多いためツアーの相場はヨーロッパと同じ程度、20万円前後です。飛行時間もヨーロッパとそれほど変わらず、ヨーロッパよりも滞在費が安くなるためラグジュアリーな旅を楽しめるでしょう。ただ、中央アフリカから南に行くと、飛行時間が長くなり旅費が高くなります。ツアーもサファリ体験など自然を楽しむツアーが多くなり、治安の問題なども増えてくるので旅費の相場は50~70万円前後と跳ね上がります。中南米同様、行く時期や行く場所を絞って計画に見合ったツアーなどを選ぶ必要がありそうですね。

 

海外旅行を安く済ませるための6つのコツ

安く行ける国安く済ませる海外旅行コツ

出典:http://www.ceted.org/

海外旅行の相場としてはツアーを参考にご紹介しましたが、もともと安価なアジア圏はともかく、ほかの地域の旅行をもっと安く済ませることは出来ないの!?と気になりますよね。

 

どれだけお金があっても、やっぱり安くて楽しめるなら安いにこしたことはないし、その分お土産や自分用のショッピング、グルメに使えたら嬉しいもの。ここでは海外旅行の旅費を賢く、安く済ませるためのコツを6つ伝授します!

 

1.シーズンや休日を避ける

海外旅行を出来るだけ安く済ませるコツとして、なんとか実行したいのがシーズン中や休日を避けて出発する、というものです。たとえば南半球の国へ行くのであれば、日本の夏に出発すると現地が冬なのでオフシーズンで滞在費用やツアー費用が格段に安くなります。

 

ヨーロッパ方面の場合、クリスマスシーズンに入る12月~年末年始まではツアーや航空券代、滞在費用がかなり高くなるので、安く済ませるためには避けておくべきでしょう。

 

日本発のツアーや航空券の費用は、国内の大型連休中(GWや年末年始、夏休みなど)と、平日の期間では値段がかなり異なってくるので、可能であれば連休後に出発するのが良いです。

 

自営業や平日お休みのお仕事で比較的都合のつきやすい方は、連休を避けて行くことで安い上に現地の空港や観光地の混雑も緩和されるのでゆったりと旅行を楽しむことが出来ますよ♪

 

カレンダー通りのお休みしか取れない方にとってオススメは、連休最終日1日前あたり、または金曜日or祝・日曜日の出発です!3~4泊の海外旅行であれば、木曜日あたりから少しお休みを貰って日曜日に帰国するパターンで計画すると、航空券だけでも1~2万安くなるのでかなりお得なんですね。

 

2.個人旅行を計画する

ツアーの相場は上でご紹介したような価格ですが、添乗員付きなどだと人件費もかかってくるので個人旅行に切り替えると、それだけでいくらでも安く計画することが出来ます。

 

最近は正規の航空券でもインターネットを利用しての個人手配が非常に簡単で、多少リスクはありますが「キャンセル不可」や「払い戻しなし」のチケットに関しては特別安くで販売されています。

 

ツアーだと高くなりがちな欧州や中南米、北米あたりへの航空券も、インターネット上で取引すると往復10万円前後で選び放題。航空会社にもよりけりですが、JALやANAを避けて海外系の航空会社を選ぶととってもお買い得ですよ。

 

また、アジア圏へはLCC系の航空会社は運航しているので、2~3泊の短期滞在で飛行時間2~4時間ほどの国であればLCCの航空チケットを購入することで格段に旅費が抑えられること間違いなしです。

 

完全な個人旅行は怖い、という方には航空券とホテルなどがセットになっていて現地では完全フリーの割安パックツアーや、空港までの送迎付きなどのプランもあるので利用してみるのも良いのではないでしょうか。

 

3.飛行機の予約は半年~3ヶ月前までがお得!

個人手配にするだけでもかなり安くなる航空券ですが、予約の時期を半年~3ヶ月前にすると航空会社の割引があるのでさらに安い価格で入手できます。

 

半年前から予約するのは少し難しくても3ヶ月ほど前であればスケジュールを組みやすいので、海外旅行へ行こう!行き先はあの国!と決まった瞬間に航空券だけでも先に予約しておくのがオススメです。

 

4.航空券をインターネットで予約・購入するときのコツ

個人手配で航空券をネット購入する場合、「土日を避けること」が重要です。インターネットで予約をする場合、だいたいのサイトでは「代金の振込みが確認できたら予約完了」というシステムを採っています。

 

逆に言うと、予約ボタンを押しても代金を振り込まなければほかのもっと安いチケットを押さえたり、二重で予約したりする方も多いということで、週末あたりになると一時的に空きのチケットが少なくなるんですね。

 

火曜日あたりになると、振り込まれなかったチケットが再度空きのチケットとして出回るうえに、週始めで新しいチケットも販売されていることがあり、選択肢が増えるため航空券をネットで予約・購入するときは火曜日~木曜日あたりに検索するのが安く海外旅行に行ける一つのコツなんですよ。

 

5.現地ツアーを利用する

ツアーを使わずに個人手配をしたときにちょっと不安なのが、現地での楽しみ方ではないでしょうか。行きたい場所へどうやって行くか分からない、電車やバスを乗り継いで行かないといけないなど交通手段の不安や、観光地での説明が英語ばかりで分かりにくいんじゃないの!?と、そんな不安がある方は現地ツアーを利用しましょう。

 

日本人が渡航先として選ぶ海外旅行先の主要都市には、ほぼ必ず日本の旅行代理店があり、世界遺産や有名な観光地への現地ツアーを開催しています。

 

日本からツアーで出発すると「~人以下の場合は中止になる」ということもありますが、現地ツアーの場合は基本的に一人でも催行してくれることが多いので、便利です。また、現地へ行ってからでもインターネット、または窓口や電話で予約ができるので、スケジュールに空きが出てしまったときなど何か良い現地ツアーがないか問い合わせしてみるのも良いかもしれません。

 

6.通貨は日本で両替して行くべし

海外旅行のときに絶対必要なものが現地通貨ですよね。

 

円から現地通貨への両替はもちろん現地でもできますが、ドルやポンド、ユーロは現地での両替レートのほうが高いことが多く、アジアや東南アジア圏では現地で両替するときに「ぼったくられる」などの軽犯罪被害に遭う可能性も高くなります。

 

しっかりとしたレートで安心して両替できるのは日本国内ですが、銀行での両替よりは金券ショップでの両替のほうがレートが良いことが多いので、出来るだけ安い旅費で海外旅行を楽しむためには事前に近くの金券ショップなどのレートをリサーチしておきましょう。

 

また、両替する時期も為替の変動によって高い、安いが変わるので、海外旅行に行こうと決めたら少し株の動きなどをチェックしておくのもオススメです。

スポンサーリンク

特に安く行ける国6選

海外旅行を安く済ませるためのコツを駆使しても、やはり行く国によってはどうしても高くなってしまいますし、そもそもシーズン中や連休中にしか行けない、という場合、もともとの旅行費が安い国であれば多少値段が上がってもやっぱり安いはずです。

 

ここでは、とにかく安く海外旅行へ行きたい方にオススメの、海外旅行先の中でも特に安く行ける国を厳選してスポットを当ててみましょう。

 


1.台湾

安く行ける国安く済ませる海外旅行コツ

出典:https://pixabay.com/

親日派が多く、日本企業もたくさん進出している台湾は、日本人が安く、そして安心安全に海外旅行を満喫できるダントツ人気の場所です。

 

航空券はLCC系を使うと休日出発でも往復3万前後で、さらに滞在費は現地通貨が日本円の3分の1程度なので1泊5,000円前後出せば良いグレードのホテルに泊まることが出来るんですよ!また、食事は1回で500円もあれば贅沢できるため、滞在日数が3泊と考えるても5万円以内で十分楽しめます。

 

台湾行きはツアーも充実しており、格安のツアーを利用したり、ホテルのグレードをもう少し落とすとより安く出来るので工夫してみるのも面白いのではないでしょうか。

 

2.中国(上海・香港・マカオ)

安く行ける国安く済ませる海外旅行コツ

出典:https://pixabay.com/

台湾同様、日本から近くて短期滞在でも十分楽しめる中国も格安で楽しめる海外旅行先のひとつですが、中国は広いので周遊旅行などになると滞在日数も必要ですし、少し旅費も高くなりがちなんですよね。

 

そのため、上海や香港、マカオといった人気都市に絞って行くと週末などの短期滞在でも満喫でき、LCC系の飛行機が飛んでいるので航空券代金もかなり抑えられます。

 

物価も日本の半分~3分の2程度と安く、お土産などを買いやすいのも魅力的。食費やホテルの相場も台湾と同じ程度なので、高級ホテルに宿泊するとその分高くはなりますが、それなりのランクであれば5万円以内で異国情緒をたっぷり味わうことができるでしょう。

 

3.韓国

安く行ける国安く済ませる海外旅行コツ

出典:https://pixabay.com/

韓国への旅行は、国内旅行よりも安い金額で行けて、飛行時間も2時間弱、日本人向けのお買い物スポットも充実しており、海外旅行の持つ「高い」「面倒」「休みが取りにくい」というマイナスイメージを完全に払拭してくれます。

 

近いので滞在期間は短くても楽しめますし、日本人観光客の多い場所なので観光地ならどこでも安心して過ごせるところもありがたいですね。治安も、中心地などは非常に良く、言葉も日本語が通じるところがある程度多いので女性一人での旅もオススメ。

 

旅費が安い分、お土産やコスメなどにお金を遣い過ぎないように注意が必要かもしれませんね(笑)

 

4.グアム

安く行ける国安く済ませる海外旅行コツ

出典:https://pixabay.com/

やはり日本からの海外旅行で安いのはアジア圏ばかり・・・とがっかりしないでください!アジアとは全く違う、欧米文化と南国の情緒を格安で楽しめる旅先がグアムです。ハワイまでは遠いし、滞在日数もなかなか休みが取れないけれど、3~4泊くらいならなんとかなるよ、という方にオススメのグアムは、飛行時間も3時間半と短く、特にシーズンオフの冬場(年末年始明け~3月中旬頃)は3~4泊で6万円前後のツアーがわりとたくさん用意されています。

 

グアムのツアーはホテルと航空券だけがセットになっていて、現地では自由に遊べるプランが多いので、完全個人手配が面倒な方にとってもグアムはツアーでも安く行けるオススメスポットです。

 

5.ベトナム

安く行ける国安く済ませる海外旅行コツ

出典:https://pixabay.com/

アジアといっても、東南アジアに行くと日本とは全然違う文化圏になりますし、人々の顔つきや体つきも全く違うので「外国へ来た」感が思いっきりアップすること間違いなしです。

 

その中でもベトナムは物価が安く、フランス植民地の時代が長いため、東南アジアのほかの国、都市では見られない欧州の香りも漂わせる文化的にも楽しめるオススメの国なんですよね。

 

ベトナム料理も日本人の口に合う美味なものが多いですし、グルメ好きも歴史好きもみんなが楽しめるベトナムは、飛行時間が約6時間とけして近い距離ではありませんが、物価の安さもあり航空券+ホテル代と滞在費を入れても安い時期だと3~4泊6万円~7万円前後で行けますよ。

 

6.シンガポール

安く行ける国安く済ませる海外旅行コツ

出典:https://pixabay.com/

東南アジアの中心地、シンガポールは街が美しく治安もかなり良いので、日本人が安心して馴染める海外旅行先として大人気ですよね。

 

シンガポールへはLCC系の航空会社も着航しており、航空券の費用は往復3~4万で行けます。ほかにも便数は少ないですが同程度の価格でユナイテッド航空やデルタ航空もあるので、LCC系が苦手な方はこちらを利用するのがオススメです。

 

シンガポールはほかのアジア圏に比べるとホテル代が高く、日本のビジネスホテル並みのところで1泊6,000円以上かかるのが平均ですが、食費や交通費などの物価自体はあまり高くないので3泊~4泊ほどの短期滞在であれば遊ぶお金を入れても10万円あれば思いっきり満喫できる場所ですよ。

 

日本から安く海外旅行へ行くコツ、そして実際に安い金額で行ける国を厳選してご紹介しました。やはり距離的にアジア圏が多いですが、少し足を延ばして東南アジアまで行くとかなり異文化を楽しむことができそうですよね。

 

個人旅行であれば宿泊費用と食費を抑えることで、激安価格で様々な国に行くことが出来るので、特に女子旅で一日中観光で出歩いているよ、というような旅の場合は現地のビジネスホテルやモーテルといった安価なホテルを選択して、ショッピングにお金をかけるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です