機内持ち込みもOK!持ち歩き可能で海外旅行におすすめの一眼レフを紹介!

SHARE

機内持ち込みもOK!持ち歩き可能で海外旅行におすすめの一眼レフを紹介!

旅の思い出作りに欠かせない写真。最近ではスマホのカメラ性能がとても高く、もはや「デジカメいらず」とさえ言われていますが、一方で旅先のスナップや景色を芸術品のように美しく残せるデジタル一眼レフカメラを持ち歩く人は増えているんですよね。

今回は海外旅行でも気軽に持って行ける一眼レフの魅力をたっぷり大公開!抑えておきたい海外旅行での一眼レフの注意点や使い方などもあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

一眼レフの魅力

機内持ち込み持ち歩き海外旅行おすすめ一眼レフ

海外旅行先でしか見ることの出来ない異国情緒溢れる街並みや旅先でのリラックスした表情などを残しておけるカメラは、海外旅行の必需品ですよね。

スマホのカメラを駆使する人、小さくて持ち運びのしやすいコンパクトデジカメ(コンデジ)を使う人、などそれぞれ利用するカメラは違いますが、中でも飛び切りの写真を残すことが出来る一眼レフはもっとも海外旅行のお供として人気が高いんです。

 

でも、「一眼レフって重たくてかさばるから海外旅行に持って行くのは大変なんじゃないの!?」とか「使い方が難しそう」など疑問や不安もいっぱい。それなのに人気があるってどういうことなんでしょうか。

実は最近の一眼レフにはコンパクトなタイプのほかに、覗き込むファインダーを省略した「ミラーレスタイプ」というものがあり、海外旅行へ行くときでも従来の一眼レフからは想像もできないほど身軽に持って行けるんですよね。

 

一眼レフの魅力は、何といっても撮影した写真が「プロ仕様」の出来栄えになるという点でしょう。人物や食べ物、小物などにピントを合わせると背景がぼやけてプロフィール写真や壁紙に出来そうな素敵な写真が撮れます。

ほかにも、スマホやコンパクトデジカメと比べて、以下のような一眼レフ特有の写真の美しさや楽しみ方があるところが人気の秘訣となっています。

  • マクロ・望遠などレンズを取り替えて同じシチュエーションでも様々な「作品」を撮影できる
  • ピント合わせやズームなどが自分で調節できる
  • 人物はより自然体な表情を撮影することができる
  • 自分の目で見た以上に素晴らしい景色を再現できる
・シャッタースピードが速く、細かな設定をしなくても連写できるのでいくつかの候補から一番良い写真を選べる
  • シャッタースピードやAFのピント合わせが速いので夜間の撮影も簡単

 

海外旅行へ行くときに一眼レフを持ち歩くのは大変そう、と思いますがたとえば美しい景色の写真を何度もスマホで撮り直したり、写真を撮るのに苦労して肝心の自分の目で楽しめていなかったりと、意外な落とし穴もあります。

一眼レフを持って行くとサッと何枚か撮影して後で一番良いものを選ぶ、夜間の撮影もすぐに美しく撮影できるので時間や手間がかからない、などメリットと魅力がたくさんあるんですね。

 

一眼レフを海外に持ち込む際の8つの注意点

機内持ち込み持ち歩き海外旅行おすすめ一眼レフ

ただ、やはり普通のコンパクトデジカメやスマホと違って一眼レフを持ち歩くと目立ってしまうもの。

海外旅行では特に、飛行機移動のときなどに気をつけておきたいこともたくさんあります。

事前にチェックしておけば、いざとなったときに焦らずに済むのでしっかりと項目ごとに見ておきましょう。

 

軽くて小さいものを選ぶ

一眼レフはスマホはもちろん、コンパクトデジカメに比べても重量やかさは大きくなります。

移動中や観光のときに持ち運ぶためには、出来るだけ軽くて小さなもののほうが荷物もコンパクトにまとまります。

海外旅行へ持って行く一眼レフを新しく購入する場合は自分があまり負担を感じずに持ち運べるか、に重点を置いて選ぶようにしましょう。

 

飛行機移動の際は必ず手荷物に入れる

海外旅行ではスーツケースを航空会社のカウンターで搭乗前に預けることが多いですが、国内便と違って預け入れ荷物が粗雑に扱われた結果、「スーツケースが壊れた」「スーツケースが行方不明」「スーツケースの中身が盗まれた」などという声がよく挙がっています。

一眼レフは非常に精密に出来ている分、衝撃に弱いという特徴もありますし、高価で盗品として売買できる価値のあるものなので故障したり盗まれる恐れのある預け入れの荷物の中には入れず、しっかりと手荷物として自分で管理するようにしてくださいね。

一眼レフの場合、カメラレンズやバッテリー、充電器、そのほか三脚などアクセサリー類もたくさんあります。

本体以外のものも出来る限り手荷物で持ち運ぶように気をつけましょう。

 

持ち運ぶときはクッションケースなどに入れてレンズと本体はバラしておく

手荷物で持ち運んでいても、ついウッカリとバッグを床にドンっと置いてしまったり、移動中にどこかにぶつけてしまう可能性がありますよね。

観光をしているときなど、一眼レフをすぐに使うシーンでは首からかけておくのが安全ですが、移動中にバッグへ入れて持ち運ぶ際は衝撃から一眼レフを守るためクッションケースに入れておくと良いです。

小さめサイズのミラーレス一眼レフであれば、ケースは100均でも購入できるA5~A4サイズくらいのケースでも充分入りますよ♪

また、カメラ本体やレンズに負担がかかるので、しばらく一眼レフを使わない移動中などはレンズをカメラ本体から外して別々に持ち歩きましょう。

 

充電器やバッテリーは予備を用意する

日本で購入できる一眼レフは充電式のリチウムイオン電池で動いているものばかりで、充電器も本体購入時についてきます。

海外でも利用できるものがほとんどですが、充電器とバッテリーは紛失したときのことも考えて、予備を用意するようにしておくと安心ですよ。

 

バッテリーは預け入れが禁止されていることが多いので予備分も手荷物へ

一眼レフのバッテリーはスマホなどと同じくリチウムイオン電池を使っています。

このリチウムイオン電池はバッテリーのみで預け入れ荷物(スーツケースなど)に入れていると引っかかる路線もあるので、予備の分も含めて手荷物で持ち運んでください。

機内への持込は可能ですよ。

 

レンズクリーナーなどの機内持ち込みは不可

2~3泊の旅行ならそれほど必要ないですが、1週間前後の旅行になると持って行っておきたいのがレンズのケア用品です。

ただ、液体のレンズクリーナーなどは基本的に機内持ち込みが出来ないので、預け入れ荷物に入れておくか布や紙でふき取るタイプのクリーナーを用意しておくと便利ですよ。

 

メモリーカードも余分に持って行く

一眼レフで撮影した写真はカメラ本体に挿入したメモリーカードに保存されます。

スマホと違ってSNSやクラウドへ簡単にアップできるわけではないだけに、メモリーカードをたくさん持って行きましょう。

ほかにも、突然読み込みが出来なくなってしまったときなど、予備があると焦らずに済むので快適に一眼レフを楽しむことが出来ますよ。

 

現地で持ち歩くときは肌身から絶対に離さないこと

二人以上で海外旅行に出ると観光スポットで「シャッターを押しましょうか」と親切そうに寄って来られたりしますが、絶対に頼まないこと。

特に治安の悪い場所ではそのまま一眼レフを持ち去られる場合があります。

どこかに一眼レフを置いてセルフタイマーで撮影するのも危険なのでやめておきましょう。

どうしても誰かに写真を撮ってもらいたいときは、ツアーの場合は同じツアーのお客さん同士や添乗員さんに頼むと良いですが、個人旅行の場合はお店の人にお願いする、または同じように一眼レフを首からぶら下げたカップルなどに自分から頼みに行くのがおススメです。

スポンサーリンク

持ち歩き可能なおすすめの一眼レフ4選

一眼レフと一口に言っても、本格的なものからミラーレスの小さなものまでたくさんの種類がありますし、そもそもカメラメーカーだけでもたくさんあるので選ぶのが難しいんですよね。

海外旅行へ一眼レフを持って行くときには、何よりも重視したいのが「手軽に持ち歩きできる」という点です。

さらに、旅行をきっかけに一眼レフを使ってみよう!と思い立った場合、「出来るだけ簡単に使えて綺麗に撮影できる」という点も重要なポイントになるのではないでしょうか。

ここでは一眼レフ初心者はもちろん、こだわり派もナットクの機内持ち込み気軽にOK!の海外旅行で使える持ち歩き可能なおススメ一眼レフをいくつかご紹介しますので、新しいカメラを相棒に旅行へ行こうというときにはぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Nicon D5500

機内持ち込み持ち歩き海外旅行おすすめ一眼レフ

出典:http://www.nikon-image.com/

2015年2月に発売されたD5500は、ファインダーの付いた正真正銘の一眼レフなのに重量が470gと非常にコンパクト!

液晶部分はタッチパネル式になっていて、さらに可動式なのでファインダーを覗く作業に慣れていない方や、荷物を持っていたりしてファインダーを覗くのが難しいときにも自由自在の角度から撮影できるんですよ。

フルHDの動画撮影にも対応しているので、写真だけでなく海外旅行の思い出を高画質な動画で残しておくことも出来ちゃいます。

Nikonのカメラはとても丈夫で落下や衝撃にもある程度強く作られているということなので、海外旅行の持ち歩きにはとっても便利なんですね。

また、Nikonはピント合わせが非常に上手で、現実と同じ色合いを再現することに長けているという特徴を持つメーカーなので、本格的に建物や美術館、博物館などで「モノ」を撮影することが多い方にはイチオシです。

価格は付属のレンズのみの場合、本体とセットで6万円前後で入手可能ですが、2016年11月に新機種のD5600の発売が発表されたので、さらに安くなることが予想されお買い得な一品でもありますよ。

Wi-Fi接続も可能なので海外旅行中でもホテルなどでSNSへのアップが簡単に出来る点もありがたいですね。

 


OM-D E-M10 Mark II(OLYMPUS)

出典:OLYMPUS

2015年に発売された、5軸手ぶれ補正で夜景などもブレずにしっかり撮影できるOM-D E-M10 Mark IIはオリンパスのミラーレス一眼レフカメラです。

ファインダーがなく、液晶画面を見ながら撮影するミラーレスは普通の一眼レフよりも軽量コンパクトで、1週間以上の海外旅行はもちろん、2~3泊の短い海外旅行にも持って行きやすいところが魅力なんです。

OM-D E-M10 Mark IIもミラーレス独特の軽量モデルで、本体はレンズなしで約390gと非常に小さいため、女性の一人旅でも充分持ち歩けそうですよね。

NiconのD5500同様にWi-Fi接続可能なので撮影した写真をすぐにクラウドへバックアップしたりSNSへ投稿したりも出来ますよ。

オリンパスのカメラは、メーカーの特徴として街中などの風景を撮影すると非常に高精彩な画質となるほか、最近流行の自撮りが簡単に出来る機能などもあって海外旅行はもちろん、普段の生活の中でもちょっとした散策や日帰り旅行などにも使える手軽さがあります。

価格は7万~8万円前後と少し高価ですが、10万円超も当たり前のデジタル一眼レフに比べるとミラーレスのほうがお手ごろなので初心者向けといえるでしょう。

 

SONY α6000

出典:SONY

2014年に発売されたデジタル一眼レフα6000は、価格が6万円前後とお手ごろですが画素数などが2016年現在でもまだまだ第一線で活躍できる高スペックでとってもお買い得です。

α6000はAFのピント合わせが非常に早く、動く人や物を撮影することに向いており、特にフルHDの動画撮影はさすがビデオメーカーのSONYといった他の追随を許さない高画質、高機能なので、海外旅行中の思い出を動きのあるものとして残せる点もおススメです。

重量も約344gとミラーレスならではの軽量。

デザインもSONYらしいスタイリッシュでオシャレな雰囲気なので街歩きを楽しむときに、食べ物を撮影したりスナップ写真を撮影するのに最適なのではないでしょうか。

 

PANASONIC LUMIX GF7

機内持ち込み持ち歩き海外旅行おすすめ一眼レフ

出典:http://panasonic.jp/

カメラメーカーとして有名なのはCanonやNikon、OLYMPUSやPENTAX、SONYなどがありますが、実はパナソニックはコンパクトな一眼レフ「ミラーレス」を世界で初めて販売したメーカーなんですよね。

それだけに、海外旅行のときに重宝する軽量・小型・使いやすい、の三拍子揃えているので、特にこれから一眼レフデビューしようかなと考えている方にはパナソニックのミラーレス一眼レフが最適なんです。

デザインも男性・女性ともに好みで選べる3色展開で、ちょっと懐かしい感じのする味のある雰囲気になっています。

驚くべきはその重量で、付属レンズの35-100mmを装着しても約401gと圧倒的な軽量感を誇っているので女性でも気軽に持ち歩きできそうですよ。パナソニックもSONY同様、動画撮影にも強く手軽に使えるLUMIX GF7でもかなり本格的な動画を楽しめるんですよね。

特に、女性でこれから一眼レフを試しに使ってみたい!という方には、LUMIX GF7だと価格も5万円台とリーズナブルなので初期費用を抑えられる入門編として一番おススメです。

 

一眼レフを使うときの4つのポイント

機内持ち込み持ち歩き海外旅行おすすめ一眼レフ

昔は一眼レフカメラというと、なんだか小難しいもののように感じられましたが今は初心者でも簡単に使えるものがたくさん発売されています。

それでも、たとえばスマホのカメラなどに比べるとズームやピント合わせなどの調節がたくさん出来たりする分、操作が難しかったりたくさんある機能を使いこなせず、買ってみたもののタンスのこやしになってしまう、なんてこともあるかもしれません。

ここでは、一眼レフを買ったあと、使いこなして「無駄な買い物をしてしまった」などと思わないように一眼レフを使うときのポイントを4つ紹介します。

 

正しい持ち方をする

スマホやコンパクトデジカメだと片手で持って片手でシャッターを押す、という芸当が出来ますが、一眼レフはデジタル一眼レフカメラでもミラーレス一眼でも、どちらも両手持ちが基本です。

片手をカメラレンズの下に入れて包み込むように持ち、もう片方の手を側面に添えながらシャッターを押しましょう。

縦向きに撮るときも同じで、カメラを縦にしたらカメラレンズを下から支えながら、もう片方の手を上に添えてシャッターを押します。

脇が広がると手がぶれてピントが合いにくくなるのでしっかりと脇を締め、出来るだけ立った姿勢で軽く足を広げて身体もしっかり固定した状態で撮影すると出来栄えの良い写真になりますよ。

 

カメラのモード設定を「絞り(F値)優先」にする

どのメーカーのデジタル一眼レフ(ミラーレス含む)カメラを触っても、撮影時に必ず設定できるようになっているのが「カメラモード」です。

「カメラモード」には大体、連写して後から一番良い瞬間の写真を選ぶときなどに便利な「シャッタースピード優先」や自動的に背景の明るさなどから最適な状態に設定してくれる「シーン別オート」や自分ですべてを設定する「マニュアルモード」などがあります。

 

慣れている方だと「マニュアルモード」で全てをご自身で設定するほうが楽しくて良いのですが、初心者だとあれやこれやと全てを設定するのは難しそうだし、何より旅先でサッと撮影するにはちょっと面倒だからスマホで良いや、となりそうですよね。

かと言って、すべてをオートで撮影するのも便利ですが、好みの写真になるかどうかは分かりません。それに全部をオートにすると結局カメラ任せでせっかく一眼レフを買って長く使っていても腕が上がるとはいえないんですよね。

 

簡単に、かつちょっとプロっぽい写真を撮影しながら撮影の腕を上げるなら、「絞り(F値)優先」モードにしてみましょう。

一眼レフで撮影した写真といえば、被写体がはっきりと映っていて背景がぼやけているものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

あの、独特の芸術的な写真を一眼レフで撮影できるのはレンズ部分を左右に回して「絞り(F値)」を調整できるからなんですね。

「絞り(F値)」を調整するとレンズの穴が大きくなったり小さくなったりするので、光の入り込み方が異なってきます。

 

光の入り方を変えるとピントが全体に合うか被写体にだけ合って背景がぼやけるかなどの違いを表現でき、背景をよりぼやけさせたいときは「絞り(F値)」を小さくすると良いです。

このような「絞り(F値)」の設定を優先させるモードに設定しておくと、とても簡単にプロ仕様の写真が撮れますよ。

 

そのほかの設定は基本的にオートでOK

一眼レフでなくてもコンパクトデジカメやスマホのカメラ設定で「ホワイトバランス」や「ISO感度」という文字を見たことがある方は多いのではないでしょうか。

一眼レフの場合、このような設定も細かく自分で都度設定ができますが、初めて使う方や旅先で利用する際はよっぽど調整にこだわって撮りたい、というようなものでもない限りオートにしていても良い部分です。

一眼レフに慣れてきたら、時間のあるときに少しずつ触って覚えていくのはおススメですよ。

 

被写体(人物など)はど真ん中に置かない

最後は一眼レフで撮影するときのテクニックですが、背景がぼやけて人物などを際立たせることが出来る一眼レフだからこそ、プロっぽく仕上げるコツとして「被写体は真ん中に置かない」ことが大切です。

一度、一眼レフを購入したらスナップ写真を撮るときにお友達やご家族、ペットなどをど真ん中に入れた構図と、右か左に寄せた構図、どちらも撮ってみてください。

スマホのカメラやコンパクトデジカメではあまり分からない違いですが、一眼レフだと明らかに少しどちらかの側に寄せた写真のほうが格好良く見えますよ。

 

これは、背景をぼやけさせることが出来る特徴を持つ一眼レフカメラだから実現できる、「誰でも簡単にプロのカメラマンのような写真が撮れる」方法で、旅先でのスナップ写真はもちろん、建物やお料理などを撮るときにも使える便利なポイントなので抑えておいてくださいね。

 

まとめ

機内持ち込みも手軽に出来る持ち歩き可能で海外旅行におすすめの一眼レフと、海外旅行で一眼レフが大活躍するメリット、初心者でも上手に撮影することが出来るポイントをご紹介しました。

スマホやコンデジはとても手軽ですが、せっかく日本では見られない風景や観光地、食べ物などを楽しめる海外旅行だからこそ、みんなに自慢できる本格的な写真を一眼レフで撮影して、旅の思い出も素敵な写真ともにコレまで以上に鮮やかに残すのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です