海外旅行におすすめのスーツケースの選び方!大きさや重さの目安をお伝えします!

SHARE

海外旅行におすすめのスーツケースの選び方!大きさや重さの目安をお伝えします!

海外旅行へ行くときに、あまりリサーチせずに選ぶと案外困るのが荷物を運ぶためのスーツケースではないでしょうか。

大きすぎても大変ですが、かと言って小さすぎると現地で荷物が増えたときに対応できません。

今回は海外旅行にオススメのスーツケースの選び方や、渡航先・旅行日数に応じた大きさや重さの目安などを徹底的にご紹介します。

スポンサーリンク

海外旅行に行く際のスーツケースを選ぶときのポイント

海外旅行へ行く際、失敗しないためにスーツケースを選ぶために、重視しておきたいポイントは次にような点です。

 

旅先・滞在日数・気候

旅行日数が2~3日の場合と1週間以上になる場合では、持って行く着替えの量などが違いますよね。

また、旅先の気候によって、夏は薄着になるので荷物の重量が軽くなりますが、冬は厚着でコートやブーツなどかさばる服を持って行くとその分、量が多く入るスーツケースが必要になります。

 

滞在日数ごとにオススメのスーツケースは以下を参考にしてください。

  • 3~4日→30~49リットル(高さ60cm未満)
  • 5日以上1週間以内→50~59リットル(高さ60cm~64cm前後)
  • 1週間~10日→60~89リットル(高さ65cm~73cm)
  • 10日以上→90リットル~(高さ74cm)

 

出国の際に持っていく荷物、帰国の際に持ち帰るお土産などの荷物の総量

日本を出るときにはあまり荷物を持って行かない方でも、お土産が多くなると荷物が増えます。

出国の段階でスーツケースぎりぎりに荷物を詰め込んでいると、帰国の際にお土産などが入らなくなるので、少し余裕があるサイズのものを選ぶようにしましょう。

 

移動手段

海外旅行の移動手段といえば、まず一番に思い浮かぶのは飛行機ですよね。

国際線の飛行機では機内に持ち込める手荷物のほかに、チェックインカウンターでスーツケースなどを預けられる場合がほとんどです。

ただ、機内持ち込みはもちろん、預け入れのスーツケースについても無料で預けられる荷物についてはサイズや重量の制限がありますので、出発前に利用する航空会社の荷物に対する重量・サイズ・個数の制限をしっかり調べておきましょう。

 

JALの国際線の場合、現時点では預け入れの荷物がエコノミークラスの旅客1名につき2個まで無料、重量は1個あたり23kg以下までが無料の範囲となっています。

ほかの主な国際線運航会社では、旅客1名につき無料の預け入れは1個まで、重量は20~23kg以下となっているので、この範囲で選ぶと良いですよ。

 

旅行の日数によって必要なスーツケースのサイズに違いが出てきますが、無料で預け入れが出来るサイズで選ぶなら、1週間~10日前後の旅行までは60リットル~70リットル程度のスーツケースを選択しておくと、汎用性があって便利なのでオススメです。

それ以上のサイズになると、たくさん荷物が入る分、詰め込みすぎると重量がオーバーして有料になってしまう可能性もあります。

最近では、スーツケースに付けるベルトで総重量をチェックできる便利なグッズも販売されているので、あわせて購入すると安心ですよ。

 

注意点

アジア圏などへ行く際に利用する方も多いLCC系では、無料での預け入れが出来ない会社がほとんどとなっており、機内持ち込みも30リットル前後のスーツケースまでと制限が厳しいので、出来る限り追加料金を支払いたくないという方は、持ち込みのできる30リットル前後のスーツケースを選ぶのがオススメです。

国際線の機内持ち込み可能なスーツケースのサイズは「3辺の合計が115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)、 10kg 以下」で、30リットル前後のスーツケースであればこのサイズに収まるものが大半となっています。

 

渡航先や旅の内容ごとに違う、おススメのスーツケースサイズ

短い日数でアジア圏やグアム、サイパンなどへの旅行によく行く方や、少なめの荷物で良いという方にはLCC系でも機内に持ち込める30リットル前後のスーツケースがオススメです。

欧州や米国など、アジア圏以外の日本から距離のある国へ行く場合、最低でも1週間~10日ほどは旅行の日数を予定するのではないでしょうか。

その場合におすすめのスーツケースサイズは60リットル前後で、それ以上は渡航する回数に応じてよく行く方は少し大きめのサイズを選ぶと良いでしょう。

 

新婚旅行などカップルで行く旅行は、男性が少し大きめのスーツケースを用意し、女性の荷物まで一緒に入れるか、女性が45リットル前後の小さめのスーツケースで行くと疲れにくいですよ。

また、ツアーで行くときは現地でもバス移動となるので大きめのスーツケースでも大丈夫ですが、個人旅行の場合は移動の際のことを考えて少し小さめサイズを選んでおいたほうが良いです。

 

注意点

米国と米国領のエリア(グアム、サイパン、ハワイなど)に行く際は「TSAロック」がついているスーツケースにしないと、入出国のときに無理矢理鍵をこじ開けられたりするトラブルが発生する可能性があります。

最近販売されているスーツケースでは対応しているものが多いですが、念のため購入前はこの点も注意しておきましょうね。

 

ハードケースとソフトケース

スーツケースは大きく分けて外側の素材がプラスチックなどのハードケースと、布製のソフトケースの2種類があります。

日本ではどちらも販売されており、ハードケースのほうが人気が高い傾向にありますが、バックパッカーや海外諸国の人々にはソフトケースのほうがよく売れているそうです。

それぞれにメリット・デメリットがあるのでしっかり確認し、ご自身のタイプに合ったものを選んでくださいね。

 

ハードケースのメリット

頑丈・耐久性、安全性、防水性が高い・個性を出せるデザインのものがたくさんある

 

ハードケースのデメリット

スーツケース自体の重量が重い・荷物の入る量が大きさの割りには少ない・比較的高価

 

ソフトケースのメリット

軽い・荷物がよく入る・安価・リュック状で持ち運べるものもあり身体への負担が少ない

 

ソフトケースのデメリット

強度がハードケースに比べると弱い・防水性の低さ・デザインが少ない

 

国内線や日本の航空会社は預かった荷物の扱いが丁寧ですが、海外の航空会社では雑に扱われることも珍しくないので、外側が頑丈にできているハードケースは壊れにくく安全です。

その代わり、傷が入ったり凹んでしまったりすることも珍しくないので、スーツケースとは傷むものなのだという認識を持つくらいで選ぶほうが良さそうですね。

 

ソフトケースは荷物がかさばる冬場の旅行や寒冷地への旅行、個人で電車を使ったりする移動の多い旅行の場合には軽くて負担が少ないのでオススメです。

ソフトケースを利用するときは、雨が降ったときの対策に防水カバーなどをあわせて購入すると良いでしょう。

 

ハードケースには、「ジップタイプ」と「フレームタイプ」があり、現在はスーツケースの開閉がジップで行える「ジップタイプ」が主流となっています。

こちらであれば重量が軽く開けやすい、荷物の量が増えると5リットルほど拡張できるものも多いのでソフトケースのように使える点が便利です。

ただ、歪みやすかったり開閉しやすいだけに盗難などに遭いやすい、ジップが壊れると安全に使用できなくなるというデメリットもあるので、重さや値段にこだわりがなければ防犯面では「フレームタイプ」が一番安心ですよ。

 

キャスターの違いで選ぶ

また、スーツケースには2輪タイプと4輪タイプがあり、機内持ち込み可能な小型サイズでは2輪のものが多く、価格も2輪タイプのほうが比較的安価ですが、引きずって持ち運ぶ場合には4輪のほうが圧倒的に移動がスムーズで、かつ傷みにくく故障しづらいため4輪タイプを選ぶことをオススメします。

スポンサーリンク

迷ったらこれ!海外旅行におすすめのスーツケース4選!

スーツケースの選び方のポイントを項目ごとに説明しましたが、それでも種類の多いスーツケースからお気に入りの一品を探すのはなかなか難しいですよね。

スーツケースは一回きりではなくサイズや日数によっては国内旅行でも使えますし、長く利用するためにデザイン・機能性・値段、それぞれにこだわって選びたいものです。

というわけで、ここでは迷ったときにイチオシの、おすすめスーツケースをセレクトしてみました!

 

Samsonite

出典:Samsonite

スーツケースブランドの中でも、もっとも有名な米国ブランド「Samsonite」 のハードケースは頑丈かつオシャレな見た目で大人気です。

「コスモライト」だと75リットルの容量で2.8kgという非常に軽いサイズなので、ハードケースのデメリットである重量感が一切なく、荷物をたくさん入れても機内預け入れで引っかかる可能性がとても低くなりますね。

Samsoniteは信頼性の高いブランド商品なので、その機能性やデザインは完璧といえますが唯一値段が非常に高価な点でちょっと手が出しにくいような気もしますね。

 

ハンズプラス

出典:東急ハンズ

東急ハンズオリジナルブランド、ハンズ+のスーツケースでジップタイプ、フレームタイプどちらのタイプも種類が揃っています。

カラーも7色と個性を出せるデザインで、サイズもジップタイプは39リットル(16,354円 )、57リットル(18,411円)、81リットル(20,469円)とリーズナブルですね。

フレームタイプは大型サイズのもので、74リットル(19,440円)、91リットル(21,497円)、112リットル(23,554円)と、こちらも非常にお得ですよ。

 

GRIFFIN LAND

出典:GRIFFIN LAND

コストパフォーマンスが高いといえば、「最強」といわれているのがGRIFFIN LANDのスーツケースです。

様々な種類のスーツケースを展開しているGRIFFIN LANDの中でも、ジップアップタイプはMSサイズ(53リットル(マチアップ時66リットル) /重量4.2kg)で6,980円と驚きに価格です。

さらに、こちらのスーツケースはマチがありスーツケースのサイズを荷物の量に応じて広げることが出来るんですね。

マチアップをしたときはMSサイズでも66リットルまで収納可能なので、2~3泊の旅行から10日前後の旅行までこれひとつで対応できる、イチオシのスーツケースです。

 

HIDEO WAKAMATSU フライII Lサイズ

出典:HIDEO WAKAMATSU

ソフトタイプのスーツケースは小型のものが多いのですが、「 フライII」は大型タイプかつ安価なので、70リットル以上のスーツケースを探している方にはお買い得といえるでしょう。

80リットルで重量は約3.1kgとソフトタイプならではの軽量さが魅力的。

こちらも拡張できるタイプで、80リットルのサイズで最大88リットルまで収容可能です。

ちなみに、重量2.6kgで容量が48.5~54リットルのMサイズ、重量2kgで容量が26リットルのSサイズと3つのサイズがあるので、機内持ち込み用や少し小さめのスーツケースを購入する場合にもオススメですよ。

 

まとめ

海外旅行に必要なスーツケースの選び方のポイントは渡航先や日数、航空会社の規定などをしっかり事前にチェックしておくということが重要ですね。

海外旅行に何度行くか分からない、様々な国へいろんな期間行くのに出来るだけ1つのスーツケースで対応したい、という場合は長く使える60リットル前後のスーツケースで、サイズを拡張できるものなどを選ぶと便利なのではないでしょうか。

旅に合ったスーツケースをセレクトして荷物の心配がない旅を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です